« 眠れる森の美女 | トップページ | へのカッパ »

2005年11月19日 (土)

秋・紅葉の色

紅葉の季節Img_0176ですねぇ。 

私が通っている立教大学チャペル横の風景。あっという間に黄色や赤に色づきました。

正門正面から見える本館のツタも本当に見事です。時計台は、それはそれはびっしり とツタに覆われていて、先日我が校舎に遊びに来た友人は、「ハリー・ポッターが出てきそうで、雰囲気いいねぇ」とひたすら感動して帰ってゆきました。

 ツタといえばいつも緑だと思っていた私。だからここのツタの「紅葉色」のような、「茜色」のような赤勝ちの色はとても珍しく、特にチャペルに絡まるツタの形状は何度見てもうっとりするくらい良く出来すぎていて「フェイク」の葉っぱのようです…??

そんなことを思っていたら本日の読売新聞に立教大学のツタの記事。

このツタの謎が解けました。

緑のツタは常緑の「フユヅタ」、紅葉するのは「ナツヅタ」だそう…。

1924年にバスケット部のリーグ優勝を記念して、旧チャペルのフユヅタを本館に植え替え、翌年に目白の自由学園からナツヅタを分けてもらったとのこと。そして今後は大学と豊島区が協力して、街にツタを増やして街緑化する予定なのだそうだ。確かに立教大学のキャンパスは赤レンガの校舎や時計台が学生だけでなく地域の住民にも愛されているのを感じますね。

この立教大学のシンImg_0178ボル「緑と赤のツタ」Img_0177、池袋の街にいっぱい増えるといいなぁと私も思います。

お仕事リンクのページ「大平雅美の色の不思議」も更新しました。こちらもぜひ覗いてください。若かりし日の秘密が…!

|

« 眠れる森の美女 | トップページ | へのカッパ »

コメント

こんにちは。ここの紅葉ツタ、綺麗です。冬にはライトアップされますよ~。クリスマスも待ち遠しいです。

投稿: クミ | 2005年11月20日 (日) 10時43分

ホントキレイですねー、赤いツタは珍しいのではないかと...地域ぐるみでの色づくり、微笑ましい限りです!

投稿: もくと | 2005年11月20日 (日) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153501/7197467

この記事へのトラックバック一覧です: 秋・紅葉の色:

« 眠れる森の美女 | トップページ | へのカッパ »