« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月25日 (土)

トシ・ヨロイズカと「一笑一若」

tosicake

怒りっぼい自分を反省していたら、新聞にちょうど「一怒一老」と「一笑一若」
記事が出ていた。

もともと私は「一笑一若」という言葉が好きで、モットーにしていたのに
最近すっかり忘れていた。
そうそう、不平不満症候群の人はやはり年よりずっと老けて見える。
顔つきもそうだし、言葉もマイナス用語を発する訳だから
ネガティブエネルギーをそこら中に発散していことになる。

しかし、いつもいつもニコニコは出来ないけれども、
せめて不満を先に口に出さないようにしよう・・・
私の愛読書に三浦綾子さんの『明日のあなたへ』(集英社文庫1996)がある。

この本は私にとってひとつのバイブルで、
自分の言動を顧みて「イカン、イカン」と反省した時には必ず手に取って読み返す本。
なかでも繰り返し唱えているのが、コチラの一節です。

 九つまで満ち足りていて、十のうち一つだけしか不満がない時でさえ、
 人間は真っ先に不満を口から出し、文句をいいつづけるものなのだ。
 自分を顧みつくづくそう思う。なぜわたしたちは不満を後まわしにし、
 感謝すべきことを先に言わないのだろう」

と、いうものです。最近いろいろと応援してくれる方が増えたので、ことさらこのことを
思う次第であります。

****************************************************************

ところで写真のケーキ気になりませんか?
これは、ウチから程近いところにある巷で話題の「トシ・ヨロイズカ」のケーキです。
先日、「どっちの料理ショー」に出演されて勝利したので、
益々お店は大繁盛!
先日は雨の夕方訪れたのですが、ここのマダム(だと思う…)が、
「こんな雨なのに北海道や神戸から来て頂いて、雨のなか並んでいただいて
 申し訳ないと思います」とおっしゃていました。

もちろん、こちらのケーキはとても美味しくて、お店に行くとヨロイズカさんが
奥で立ち働いているのが見えて好感が持てますが、
このお店の雰囲気をさらに良いものにしているのが、マダムの存在ではないかと思うのです。

でもどうイイかはとても説明が難しく、「生来の雰囲気」に加えた何か、
としか言えないのですが、店内には柔らかな空気が充満しております。
もともと「接客上手のオーラ」に包まれているような感じかな。

加えて、さりげなく行動が伴い、
帰り際にちょっとした世間話をしながら、
絶妙のタイミングでドアを開けてくれたりするものだから、こちらもニコニコして
「さよなら~」なんていいながら、帰るのですね。
都会では、こういったコミュニケーションってありそうでないから、
どうぜケーキを買うならまたあのお店にいって、ニコニコして帰ってこようと思う訳です。

そうだ!ウチの近所のコンビニには昔の八百屋のオバチャンみたいな店員サンがいて、
レジでこのおばチャンと必ず会話をします。
「この頃顔見なかったね~。お元気だったの?」とか
「今日はこんなアイス食べたい日だよね」とか、
ちょっとしたどうでも良い会話だけど、なんだか昔の子ども時代の買物を思い出して
好きですね。あのコンビニ。レジにあのオバチャンがいないと寂しいもんね・・・
これからのコンビニの接客方法も変わってくるかもしれない。

と、せっかくだから宣伝・宣伝・宣伝・・・
ウチの母が「今までのマサミの本のなかでいちばんマトモだ!」と
太鼓判を押しました!(※ひとつも参考にならないですね。)
●『お客さまに愛される接し方・話し方』大平雅美 
BABジャパン出版局 1470円

5000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

年のせい?「愛される接し方」

 ●『お客さまに愛される接し方・話し方』(BABジャパン出版局)1470円
   大平雅美

いよいよ発売!
ただし初版数がそんなに多くないので、
ご近所の書店にあるかどうか…ちょっと心配デス。

昨日友人から「アマゾンで予約受付してたから予約したよ!」との携帯メール。
持つべきものは友!有り難いことです。
さらにこのメールにより、ネット書店でもすでに発売しているということも分った次第です。
約四年半ぶりの新刊ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さてさてこの頃の私は、なぜだか怒りっぽい。
せっかく「愛される」ための本を出版するのに、
このままでは愛されない私になりそうではないか!

つい先日は、宅配の不在連絡通知に怒った。
それは、こんなふうに書かれていた。
「本日で2回目の配達です。3回目になると長期不在とみなします」

こんなメモがついていた。
私の虫の居所が悪かったのか、「みなします」という言葉に反応してしまった。
先方が勝手に連日配達に来たのに、なぜ一方的にそう見なされるのか!
多分、些細なことだけれど、
「3回目になると長期不在と見なされますので、ご注意ください」とか、
「3回目になりますと長期不在扱いですので、ご連絡ください」とか・・・
他に書き様があるでしょう!もうっ。
そもそも「見なす」という言葉が何だか人を見下しているようでイヤだな。。。

ってなことで、再配達の連絡電話をした私は、
電話口に出たアルバイトらしき若い声の男性に、
「一方的に見なされたくありません!」

と、ここまで言って少々、反省。
電話の彼は書いた本人ではないではないか。
きっと彼は心のなかで「チィッ、オレが書いたんじゃねぇのに」などと
思っているかもしれない。でもそれが会社の不条理ってものでもある。
でも電話の向こうのうら若き男性は、
「それは大変申し訳ありませんでした。気をつけます」と丁寧に謝った。

しかしこう言われると、いい年の私は恐れ入ってしまって、
心になかでこの青年にあやまった。

電話は本当にむずかしい。
私がめったに友人に私用電話をしないのも自信がないからかもしれない。
ビジネス電話はまだ良いにしても、プライベートは顔が見えた方が良い。

「愛される接し方・話し方」なんていうタイトルの本を
書かせていただいたが、
今日また改めて電話によるクレーム処理の難しさや受け手側のストレスを思った。

 さらにその日はまだ会っていないのだけど、電話ではじめて話をした女性がいた。
この女性は真に爽やかに、
「はじめまして。ご挨拶が遅れまして申し訳ありません。
お電話で大変失礼いたしますが、わたくし〇〇と申します。
どうぞこれから、よろしくお願いします」と、滑らかに挨拶してくれた。

年長者のわたしの方が、かっこわるいような挨拶をしてしまったけれど、
「挨拶」って、子供時代から続けているものだけど本当に大切なものです・・・

 その前の日、私は同世代の友人を前に怒っていた。
「□□さんって会っても挨拶しないよねぇ」 (註*□□は20代の女性)
私の言葉を聞いたAさんは、
「大平さんも、そんな些細なことで怒るんだ。大平さんって大らかそうに見えるから
そんなこと気にしないのかと思ってた!」

そう・・そう・・・そう見えるのね、正しくはつい先ごろまでは大らかな私でした。
でも最近の小姑ぶりは自分でも驚くべき有様!
これは年のせい?
それともやっと大人になったせい?

でも実のところ、私は20代の頃に
挨拶が苦手で上司にコテンパンに叱られた経験を持つ「若かりし者」だったのです。
上司said :「君だってそうだったじゃないか」

標語 ●厳しく温かく若者を見守ろう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

プロモーション・第2弾

『お客さまに愛される接し方・話し方』 まもなく発売!
(BABジャパン出版局:1470円)

本の完成まであとわずか。
実はこの本の文章の色は茶色なのです。
はじめは、私が色彩の仕事をしていることもあって
四色展開(青・緑・赤・茶色)にしようと計画してくださったのですが、
ちょっとシュミレートしてみると、何だかにぎやか過ぎる・・・

ということで、茶色にしようという事になりました。
結構、図解が多いので真っ黒よりも見やすいのではとのこと。
私自身この色の校正はしていないので、
どんな雰囲気になるのか、少々ドキドキ、ワクワクです。

出版社ですでに見本を見た社長のイワキさんは、
「上品で良かった」と言っておりましたが・・・。
みなさま、ご期待を!

ということで、全然関係ない話。
デパートへ行くとチョコレートの山、山、山。

チョコ好きの私としては、ついつい誘惑に乗せられて
買ってしまいそうになりますが、ガマン・ガマン。

最近新聞で面白い記事を見ました。
それは、業界の思惑とは違って
自分用に高級チョコを買ってゆく女性が多いとか。
でも菓子業界は自分用でもプレゼントでも売れれば良い訳で、
お構いない話ですが、やっと良い時代が来たというものです。

私はこの手の行事がとても苦手で放送局にお勤めしていた頃は、
営業で配りまくる可愛い後輩を尻目に、
まったく関係ない顔をして通りすぎていましたのデス。

まぁ、今だったらもっと大人になっているので、
お中元やお歳暮のようにお世話になっている男性に
お配りしてもよいのですがー。まぁ、やっぱりしないかな・・・

それより誰かにプレゼントしてもらいたいくらいです。☆
私愛用のチョコ入れは、こちらのル・クルーゼです。
kissチョコが主に入っています。

573

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

「春よ来い」プロモーション

330 

『お客さまに愛される接し方・話し方』
 (BABジャパン出版

私の怠慢のせいでPR活動が遅れております!
この度2006年2月20日(初版発行)、念願の「話し方の本」が出版されます。
書店発売日変更 2月17日(金)頃予定。
もう少しお待ちくださいね!

この本は、『セラピスト』というアロマテラピー、カウンセリング用の専門誌に
10回にわたって連載したものを、加筆・修正してまとめたものです。
隔月発売のため1年8ヶ月におよぶ長い連載期間でしたが、
読者の方に支えられて充実した時間だったうえに、
出版していただけるなんて大変な光栄です。
関係者の皆さま、本当にありがとうございました!

さて内容ですが、
書店でパラパラとめくって頂ければわかりますが、
図版や実践トレーニングが多く掲載されていますので、
手に取ったその日からすぐ接客に取り入れて頂けます!(自画自賛だ)

社員教育などにもぜひお使いくださいね。

ところで、話は少し飛びますが、
先日、あるテレビプロデューサー&ディレクターと
食事をした際に私の本の話になって、

「本の編集者とテレビディレクターは同じだよ。だからどんな編集者と巡り合うかは
大事なことだと思う」というような発言をしていました。
まぁ、それぞれの業界としては異論もあると思いますが、
話を聞いていると「そうだな」と思うことしきり…

本はもちろん著者が書いたその内容がいちばん大切だと思うけれど、
最近はそれをどのように見せるか、また表現するかが、
とても大切な要素だと言うのです。
例えば、タイトル。
例えば、表紙。
例えば、イラスト。
「例えばさぁ、この何でもないページ数の表示だってその人のセンスがでるんだよ」
と、私にレクチャーしてくれました。
「だからさ、自分とヴィジュアル面での嗜好が同じ人が編集者についてくれることは、
重要なことなのさ」
とのことでした。

 実はまだ本は完成していませんので、実際の出来あがりは見ていませんが、
その点において、今回は大成功だったと思います。
まさにテレビ番組制作のプロセスに似ているといえば、似ていましたねぇ!

そうか、ホントにそうよね。テレビもディレクターによって同じ素材を対象にしても、
完成品はまったく違うものね。
「えっ、あのオモシロかった話落としたの?」ってことや、「えっ、この顔使うの?」
ってことよくありましたものね。

そういう意味で武氏様、
ご一緒できて本当に良かったです。ありがとうございました。

しつこいようですが、私のうっかりでこんな間際のPR!
2月17日発売です。
みなさま・ヨロシクお願いします!

*「色の不思議」ブログの「桜」もご覧下さいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »