« ジュエリーの魅力・そしてリサイクル? | トップページ | 躑躅色の展開 »

2006年5月 9日 (火)

お花でココロを探る…

   __1

怠け者の私…
先月、何ヶ月ぶりかでお花のレッスンへ。
前にも紹介しましたが、高田きよみ先生という若くて優しい先生です。

気まぐれな私とパワフルに本を売り続ける庄司麻由里さんの二人で、
生花レッスンをしている真面目な生徒さんに交じって、
私達はブリザーブドフラワーを作らせてもらいました!

インテリアフラワーの美しさは、ひとえに花々の選択によるのではないかと、
思っているのですが、高田先生のセンスの良いこと!

私ひとりで、ショップへ行ってもまず何の花を選べばよいか途方にくれる・・・。
それが、何と!なんと!この写真の艶やかさ、爽やかさ・・・

今の流行は、ガラス容器に果物などをいれ、
蝶のオーナメントなどをチラすのがオシャレとか。
そういえば、ホテルなどのインテリアでもこの手のオブジェを見かけますネェ。

さてさてレッスン。
私の性格か、あるいは癖で、いつもちんまり・こじんまりとまとまった、
優等生的な入れ方をするのですが、今回は珍しく左右にぱぁーと広がりました。
いっしょにレッスンしているまゆりちゃんは、いつも大胆でパッと華開いたような
斬新なデザインのものができることが多いのに、
今日はとっても上品にしあがっています!
(彼女の作品をお見せできないのが残念・・・)

お花のレッスンは本当に楽しい。
いつも思うけれど、同じ材料、同じ空間、同じ先生に師事していても
まったく違う作品ができる妙・・・

そして必ずその時の心持が反映される。

今回のお花のココロは、「爽やかに大胆に」かな・・・

           __5         __4

|

« ジュエリーの魅力・そしてリサイクル? | トップページ | 躑躅色の展開 »

コメント

きれいやね。少しの花材なら、まとまるんやけど、たくさん選ぶとなると難しい。こないだ、あまりに天気がいいので東山魁夷美術館に行ってきました。朝、思い立っていったので一人。絵画には興味がないので(画伯すみません)、もっぱら建築物鑑賞。猪熊美術館と同じく谷口よしお先生(漢字忘れた。またもや、すみません。)の作(たぶん)。ええでー。カフェはガラス張りで前面に瀬戸内海と瀬戸大橋がバァーンちゅうかんじで。ここでは、下世話な話も愚痴もでません。今度、香川美術館建築ツアーに参りましょう。(直島の安藤忠雄先生のホテルも)

投稿: ひろごっち | 2006年5月 9日 (火) 15時53分

 そうそう香川県はいまやアートな場所ですね。
その東山魁夷美術館はJCBの雑誌で見て、
今度行きたいと思ってたところ!
あそこは人がいなければ最高の場所やね~。
地中美術館も良いね~。
混んでない時っていつ?

投稿: M | 2006年5月13日 (土) 11時02分

お花はいいですよね。
私も この間誕生日にお花をいただいて
やっぱり部屋にあるといいなと思いました。
五感が刺激されてるな と感じました。

投稿: | 2006年5月18日 (木) 14時16分

お部屋に花があると良いですよね。
先日、仕事で落ち込んでいた友人(男性)に、ちっちゃい花束をプレゼントしたら
思いのほか喜んでくれました。
あまり男性にお花をあげたことがなかったけど、喜んでくれて嬉しかったです。

私自身は、最近お花もらってない(!)です。
もっぱら自分で買う・作る…。
そろそろもらいたいですu(^0^)

投稿: M | 2006年5月20日 (土) 11時07分

そーなんですね!
男の人でも お花って喜んでくれるのですね
なるほど・・・
いいかもしれないですね。
今度 送ってみよーっと!

投稿: Y | 2006年5月20日 (土) 23時56分

私のブログにも、あなたの作品、載せさせていただきました!お写真、拝借しましたーーー!事後承諾でごめんねー!!

投稿: 庄司麻由里 | 2006年6月 6日 (火) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お花でココロを探る…:

» 花屋になってみない? [おまけでドットコム]
どんな人でもすぐにお花屋になれる情報を公開! [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 01時23分

« ジュエリーの魅力・そしてリサイクル? | トップページ | 躑躅色の展開 »