« 百人一首の魅力 | トップページ | 小さい文字が・・・ »

2007年2月17日 (土)

『7つの習慣』と私

 最近立て続けに同じような出来事が降りかかり、わが身を内観している。
そこで何年か前に読んだスティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』を取り出してみた。

例えば「成功」の反対言葉を人に尋ねたときに多くの人は「失敗」と答えるだろう。
でも、成功の反対は失敗ではないらしい。
成功のプロセス上に幾度もの失敗があり、
成功の反対は失敗ではなく「何もしないこと」であるというのだ。

確かにラインを引いてヴィジュアル化すると、この法則はよくわかる。
「パラダイムの転換」
この転換が何かを変える原動力になる。

*********************************************
ところで、私にはスピリチュアル能力はないのだけれど、
天が導く道筋のようなものは存在するのではないかと思っている。
でもその示されたかに見える道を選ぶか、否かは
そのときの環境やその人の持っている性格で変わる。

例えば、与えられたチャンスがあったときにそれを選ぶ人とパスする人。

でも選んだから成功する訳でも、パスしたからダメな訳でもない。
いろいろな事情でそのときパスした人が、時を経てもっと大きいチャンスに
めぐり合えることだってある。

目の前に広がった様々なチャンスを前に、人は迷う。
事実、私も今まで迷いの森に何度も迷い込んだ経験がある。
でも今は
「流れのままに」 すなわち、’go with the flow'といったところ。

私が尊敬する女性経営者のある方は、
「例えば、上得意先の仕事や会食が同時期に重なったとする、
 若い頃の私は困惑して様々な策を講じて日程調整をした。
でもそんなことをしなくても、そのとき自分に必要がない方は
 何らかの理由でキャンセルになったり、延期になったりするもの。
つまり自分が行動したり、意思決定しなくてもむこうから去ってゆく」
というような話をしてくださった。

こう書くと主体性がないと反論されそうだが、
実は一見そのように見えるだけで,そうではないことが今の私ならばわかる。

私の目の前に今、様々な道が用意されているように見える。
天職なるものを見つけられた人を心底うらやましいと思うが、
私にはまだまだわからない。
でも人との関係性において、最近特に感じることは、
「自分にとって本当に大切な人、必要な人との縁は続く」
ということ・・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

などと、内観する一方で東京ビッグサイトで開催されていた
「ギフトショー」に行って参りました。
こちらは分かりやすい物質主義世界の催し物です。
新しい製品や面白いグッズに思いっきり触れてきました。
このグッズについては、四国新聞で連載している
「いいもの見つけた」コラムで紹介したいと思います!

何だかんだ思索にふけっても結局のところ、
「カラフルな色」という世界に惹かれている私。
今年は特にスイカ色がいいですね。
みずみずしいウォーターレッドと緑・黒の元気な配色、
今年の春夏は多数登場するので注目してください。

|

« 百人一首の魅力 | トップページ | 小さい文字が・・・ »

コメント

こんにちは。

今年はスイカのような元気な色が春夏に登場とのこと。どんな形で登場するのか、楽しみです♪

さて、人には自然に延びる道がある…。
わかるような気がします。
これまで、
自分の仕事の事や子供の事などで、
思いがけない出来事があり、
計画外の道がどんどん延びて…
思わぬ専業主婦をしています。
私の人生の中で一番ぬくぬくほこほこ
している時代かも知れないと
最近になって気付きました。
無気力にもなりそうな、
周りの人の都合に合わせて過ごす日々も
私にとって必要だったのかなぁ…。
そんなことを考えながら、またまた転機がやってきそうな気配を感じるこの頃です。

投稿: りりこ | 2007年2月21日 (水) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153501/13941381

この記事へのトラックバック一覧です: 『7つの習慣』と私:

» 7つの習慣で大成功! [7つの習慣で成功する]
7つの習慣についての情報です。 7つの習慣での最優先事項とは?セミナーも開催。 [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 18時02分

« 百人一首の魅力 | トップページ | 小さい文字が・・・ »