« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月22日 (月)

映画「明日への遺言」

 先日、あるご縁で映画「明日への遺言」の試写会とパーティの司会を
させていただきました。

招待されたお客さまといっしょに映画を鑑賞させていただきましたが、
司会の仕事も忘れて映画に見入ってしまって、途中から涙がぼろぼろ。
うっ、こんなんじゃ、メイクがはがれると思いつつもそのまま席を立つことができずに
ラストシーンまで。

映画を見る前までは「戦争映画で,裁判映画である」くらいの予備知識しかなく、
ある種の固定したイメージを持って見始めたのですが、
そうした先入観とはまったく違った感想を抱かせてくれるのがこの映画です。
見終わったあと日本人としての誇りや和合、親愛、潔さ、さらに清清しい誠実さを
感じる懐の深い深い映画です。

試写会後のパーティには主演の藤田まことさんや富司純子さん、
監督の小泉尭史さん、プロデューサーの原正人さんが出席されて
大変華やかなムードに会場は大盛り上がりでした。

そこで実際に映画について皆さんとお話した私は、
いっぺんで藤田まことさんや小泉監督のファンになり、
勝手にこの映画を応援することに決めました。
藤田さんや原さんは70歳代、小泉監督は60歳代ですが、
信じたものや好きなものに向かって日々精進し毎日誠実に積み重ねて
年齢を経てゆくことがどんなに素晴らしいか、
4ショットの写真を撮らせていただいて、素敵な3人を見ながらしみじみと感じています。

ちょうど今開催されている東京国際映画祭でプレミア上映され、本格的な公開は
来年3月1日の予定です。ストーリー展開は様々なところで紹介されているので、
ここでは書きませんが、大岡昇平の『ながい旅』が原作で、小泉監督が脚本を書き、
岡田中将を藤田まことさんが演じています。
岡田夫人役の富司純子さんとは法廷のシーンで競演しているものの
一言も言葉を交わしておらず、語らない富司さんの演技も見所です。
私はつい先ごろ、「フラガール」のお母さん役の富司さんを見たばかりだったので、
こうした楚々とした中にも燐とした品のある母親役は天下一品だなぁ、
とこちらもまた同性として人生のお手本にしたい思いでした。

******************
そういえばと思って、小泉監督の「博士の愛した数式」を再び見てみました。
「阿弥陀堂だより」のときも思いましたが、
日本の四季の美しさを自然な形で感じさせてくれる映画です。
四季の花、風、空、雲、光、風に揺れる木々・・・
忙しくバタバタしている私には心の安定剤のような役目を果たしてくれました。

そういえば、全然関係ないですが、
友愛数220は私の誕生日でもあります。

Megane3_031_3

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年10月21日 (日)

のど飴の季節

 私のかばんには常にのど飴が入っています。仕事柄、のど飴が手元にないと
何だか不安になって、コンビニなどですぐ買ってしまうので様々なタイプのものが
バッグに入っていました。

でもこののど飴を見つけてからは、一筋!

「自然素材の手作りのど飴」です。
同じアナウンサー仲間の庄司麻由里さんから教えられて
一粒口にいれたところ、今までののど飴とはまったく違う味と食感。
一度でファンになってしまいました。
あまりに美味しかったので、カタログハウス「通販生活」で紹介欄に登場させていただきました!

私の大好きな京都の老舗、「大文字飴本舗」ののど飴

自然素材なので、もちろん着色料、香料、酸味料などは一切使っていません。
サトウキビ砂糖と水あめで自然な甘みを出しています。

Megane3_037

・アセロラ
・杏仁
・梅肉エキス
・生姜・蓮根
・黒豆煮汁

すごいでしょう!日本の味、日本の味覚、
どの味もオススメですが、この季節気に入っているのが
「生姜・蓮根」と「梅肉エキス」
小さいポーチに入れて私は全種類持ち歩いています。

のどの弱い方、声を使ったお仕事をされている方、市販ののど飴で物足りない方、
「大文字飴本舗の自然素材のど飴」良いですよ!

5種類の飴が約180粒入って価格は3800円です。(税別)
3800円は高いようだけれど、1粒約20円と考えると高くないですよね。
何よりも自然素材ってところがポイントですね。

●「通販生活」2007秋冬号 (180円)で通販で購入できます。

Megane3_036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

映画 『めがね』

 9月に公開されて話題になっている映画 『ねがめ』
ずいぶん前に試写会で見たのですが、今頃紹介です・・・

すでに様々なブログで賛否の感想が述べられ、
今更っていう感じですが、私は好きですねぇ。この映画。

2006年公開の『かもめ食堂』と同じスタッフ・キャストだからどんな雰囲気なのかは
まだ見てない人も想像できると思いますが、
なんと言っても「たそがれる」ことが物語の中心。

  宿を変えたいというタエコ(小林聡美)に宿の人々が言う、
  「あそこはたそがれるには、ちょっと・・・」という場面が
  妙に印象に残ったりしていますが、
パンフレットにこんなフレーズがあります。

「なんとなく世界とピントが合わなくなったと感じたら、
 それがあなたのたそがれどき

 まっすぐ歩いていけば、いつか
必ずたどり着く」

 そしてたそがれて帰っていったゲストたちは1年後、別のメガネを
かけて現れます。なんだか、フランス映画みたいでシャレた演出でした。

それにこの映画の宿の朝ごはんの美味しそうなこと、
いくらココロはたそがれモードでも
おいしい食べ物がないと人間は幸せにはなれないのだ!
と、映画を見ていて感じました。

そうそう、話は飛びますが、久しぶりにお目にかかった男性から
「前より調子よさそう、カラダにいい食べ物食べてる感じがする・・・」
と、言われました。これは褒め言葉として頂きました!!
でもさすがに男性はホメどころが女性とは違いますね。
(女性たちはこんなホメ方しない・・・)

そう、でもやっぱり最後はなんと言っても「食」なのかもしれない。

この映画を見ると思いますよ、きっと。
美味しい”食”がある場所で
メガネのピントを合わせたいって。

*********
PS,「たそがれ」を色で表現すると何色ですか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »