« 金沢紀行 | トップページ | トレードオフ理論 ー瞬間記憶と言語ー »

2007年11月24日 (土)

映画「ALWEYS 続・3丁目の夕日」

 遅ればせながら「続・3丁目の夕日」を観てきました。

チケットは持っているになかなか映画館に足を運べずに焦っていたら、
とある日、近所の某食料品売り場で堤 真一さんと遭遇。

「そうだ!映画を観にいかなきゃ」と思い、
さっそく数日後仕事帰りに映画館へ行ってきました。

 この映画が2005年に上映されて「昭和」がクローズアップされ、
「人のつながりの温かさ」を改めて考えた人が多かったと思うのだけれども、
2作目も3丁目の人々の見える絆、見えない絆が縦横に張り巡らされています。

新たな登場人物などが投入され、さらに重層的にストーリーは進むのですが、
なんと言っても「鈴木オート」の人々が良いですね。

堤真一さん演じる鈴木オートの社長さんは、父親としても、夫としても
愛すべき人です。特に堤さんと一平君のシーンは秀逸!
叱りつけているのに一平君がぐるぐる父親にまとわりつく
ほのぼのとした素敵な光景です。

さらに薬師丸ひろ子さんのお母さんはこの映画の要。
私のなかでは永遠に”セーラー服と機関銃”のアイドルイメージがあるのですが、
”昭和の若い世代の母”を演じたら、今いちばんリアリティがあるのではないかと
映画を観ながら思いました。

2作目のこの映画は、
観客は簡単に監督さんの意図にはまります。
泣いて欲しいところで泣き、笑ってほしいところで笑う、
まさに制作サイドの思惑通りに反応するといったところ・・・

VFXは評判どおりの素晴らしさ。
日本橋、路面電車、東京駅・・・当時を知らない私でさえ感動するのだから
当時を知っている世代の方々は、懐かしさに咽ぶはず。

なかでも私にいちばんフィット&ヒットしたのが、東京ー神戸間の超特急「こだま」。
クリーム色とオレンジのラインの車体が、実際には一度も見たことがないのに
なぜか郷愁を誘いました。

昭和34年ごろの”昭和”を満喫したい方、少しだけ心が疲れている方
3丁目の愛すべき人たちに会いに行ってはいかがでしょう。

|

« 金沢紀行 | トップページ | トレードオフ理論 ー瞬間記憶と言語ー »

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2007年11月30日 (金) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153501/17169464

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ALWEYS 続・3丁目の夕日」:

« 金沢紀行 | トップページ | トレードオフ理論 ー瞬間記憶と言語ー »