« トレードオフ理論 ー瞬間記憶と言語ー | トップページ | 湯島天神と箱根駅伝 »

2007年12月10日 (月)

夢は叶えるためにある

 毎年、この時期になると放送されるのが、テレビ朝日系「30人31脚全国大会」
私はこの番組が好きで毎年必ず見ていますが、昨夜の放送も何だか泣けました・・・

いっしょうけんめい頑張っている子供の姿をみると、勝手に目がウルウル。
指導の先生が、熱血漢で普段は怒鳴り倒しているのに、
本番では勝っても負けても男泣きしている姿を見てまたもらい泣き。

「勝つ」体験をすることは大事なことだけれど、
それ以上に、そこの場所にいることが子供たちにとっては大切だったのだと思います。

「勝つ」か「負ける」か・・・
とにかく今年からは、2チーム対戦方式になったので、
10秒後には誰の目にも結果は明らか。どちらか1方しか、勝てません。

私はマスコミで仕事をしているので、
こんなとき、どんなふうにカメラさんが動くかが気になります・・
当然、勝者にインタビューし、満面の笑顔などが映し出されると
テレビの前で勝ったチームに拍手を贈るのだけど、
気になるのは負けたチーム・・・

もちろん編集するので、カメラさんのせいではないのですが、
敗者側の放送時間が短くなるのは放送の常識。
でもこの”負けた気持ち”をどう表現し、どう立て直していくかに興味があるのです。

「先生はみんなを誇りに思う、みんなありがとう」

「ここまで来られたのは先生のおかげです。ありがとう」

私が応援していたチームは負けた後、バックヤードでしばし泣いた後、
涙顔だけどしっかりした声で、こんなやり取りを交わしていました。

ひとつのことにここまで、集中してやり遂げられること、勝っても負けても
これからの長い人生において一生の財産です。

 先週発表された経済協力開発機構(OECD)の学習到達度調査結果は
日本にとってかなり厳しい結果がでたけれど、
ここにいるような先生や生徒が日本に大勢いるなら、
悲観するばかりでもない、その集中力・創意工夫力を持ってすれば
いくらでもまた世界のトップに返り咲けるのではないかしら・・・と、
熱い情熱を持った先生とそれについていく子供たちの姿を見て
楽観的な私は思いました。

 念願の1回戦を勝った先生が2回戦を目前にした子供たちに言いました。

”夢は叶えるためにある”

|

« トレードオフ理論 ー瞬間記憶と言語ー | トップページ | 湯島天神と箱根駅伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153501/17328074

この記事へのトラックバック一覧です: 夢は叶えるためにある:

« トレードオフ理論 ー瞬間記憶と言語ー | トップページ | 湯島天神と箱根駅伝 »