« ケビン・クラインと藤田まことさん | トップページ | 第17回日本映画批評家大賞 »

2008年3月 9日 (日)

ノルウェー王国の魅力 -パワード・バイ・ネーチャー

Photo1

 先日、ノルウェー大使館で行われたプレゼンテーションとパーティの司会を
担当させていただきました!

 ノルウェーというと村上春樹さんの『ノルウェーの森』くらいしかピンとこなくて
それでは、あんまりだと思ってこの機会にいろいろ調べてみました。
すると、それはそれは日本よりもずっと社会システムの先を行く
先進的な国でびっくりしました。

 さてノルウェーというと多くの人は「フィヨルド」で有名なところ!と思うでしょう。
これはこれで、スロートラベリングの船旅はとても魅力的なものです。
イベントでもスロートラベリング「フィヨルドの旅」がプレゼンテーションされ、
あまりの雄大な景色に120名を超えるマスコミ関係者はうっとり!
しかも面白いことにフィヨルドを航海する"船の小ささ"をアピールするという
コンセプトに,日本の経済システムとは反対のところにある
”本物の生活の質”を実感しました。
たった1週間の旅でも、1年分の命の洗濯ができそうでしたよ。

 しかし私が驚いたのは、自然の素晴らしさばかりではありません。
パーティの招待状にも書かれていましたが、
ノルウェーは世界有数の女性が社会で活躍している国であり、
人間開発指数が5年連続世界第1位の国なのです。

つまりその国で暮らす人たちの生活の質を表わす尺度となる数字が,
トップということで,
今、世界中の人々はこの国のシステムに注目しているそうです。

具体的にどんなことかというと、
「国会議員の40%以上は女性でなくてはならない」という制度に続いて、
最近では「企業の取締役会の40%以上は女性でなくては」という試みを
はじめたそうです。
今の日本のこのあたりの数字はどれくらいなのでしょうか・・・

 さて女性といえば、実際にノルウェーからプレゼンにやってきたのは、
オスロの超高級ホテル、ザ・グランドホテル・イン・オスロの
マーケティング&セールスマネージャーの女性。
自身も2児のママということでしたが、
女性らしさを失わずに堂々と振舞う魅力的な方でした。
このホテルには女性エグゼクティブだけのフロアーがあるそうですが、
実際に活躍する女性の名前を冠した部屋が並んでおり、
それぞれのコンセプトごとに
異なった仕様の部屋ということで、今大変な人気なのだそうです。

大規模なホテルであるにも関わらず、そういった試みが可能なのは
やはり女性管理職が多いからに他なりません。

 と、いうことでプレゼンに続き大使公邸でのパーティ。
ノルウェー大使は大変気さくな方で、「日本の温泉はいいですね」など会話しながら
楽しい時間を過ごしました。
終了の時間を大幅にオーバーしてもお客様がたくさんお話されている珍しい会で、
司会の私はいつも終了の時間を気にして何度も主催側と打ち合わせするのですが、
「みなさんが楽しそうなので・・・」と誠におおらかに対応して頂き、
このあたりもビジネスライクに物事を考えていないお国振りが良く理解できました。

今年はブームとなりそうな、ノルウェー!
船からオーロラが見えるも確率も高いですよ。

 

|

« ケビン・クラインと藤田まことさん | トップページ | 第17回日本映画批評家大賞 »

コメント

先っちょのドリル具合がいいって言われたw
イイ仕事になりそうだし、手術はしばらくヤメとくよヽ(´ー`)ノ
http://8e8ae.net/chinpre/rdqLPh21

投稿: どりてぃんドリーム | 2008年3月17日 (月) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153501/40435952

この記事へのトラックバック一覧です: ノルウェー王国の魅力 -パワード・バイ・ネーチャー:

« ケビン・クラインと藤田まことさん | トップページ | 第17回日本映画批評家大賞 »