« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

やっと写真を・・・

Megane1

昨日、やっと宣材写真を撮影いたしました!(上記の写真ではありません)
長らく様々な皆様にご指摘いただきながらも
放置していた赤いジャケットのプロフィール写真、
いくらなんでも、もう実物と違いすぎる・・・

例えば先にプロフィール写真を見ていた方と、実際にお目にかかると、

「はて、あなたはどちらさま・・・で」と首を傾げられる。
「おおひらです」と名乗ると
しばらくの間、沈黙されることが続出!

そうは言ってもそんなに前の写真じゃないんだけどな~と心の中で思うが
「おまえ、いったいいつの写真使ってんの?」と口の悪いプロデューサーに言われ、
「2000年か2001年だからそんなに古くないよ」と反撃すると
「おまえはあほかっ」と心底呆れられてしまいました。

そりゃ、そうだ、あんなに頑張っている芸人さんだって
1年経ったら何人が生き残っているか分からない、厳しい世界。
私はそこまで厳しい業界では仕事をしていないけれど、やはりマスコミ。
写真と実物がこんなに違いすぎるのは、少々まずい・・・
ということで、事務所の社長さんにご相談・・・。

するとなんと、セッティングしていただいたのは
某有名カメラマン。わぉ!good

さすがに設備、腕ともにプロフェッショナルなお仕事ぶり。
(この二つはやはり相関関係があると思います。)
あっという間に、肌と髪の毛がピカピカに見えるキレイな写真を撮ってくださいました。
スゴイ!cameralovely

どんな写真かは、近日中にアップするとして、
もうひとつお知らせ!

実は、我が事務所でイケメン俳優君を養成中。
この男の子は秘密兵器なので、まだご紹介はできませんが
この日は、イケメン君の写真撮影がメインだったのですが、
私はそれに便乗して、
まるで世話焼きのおば様のごとく、くっついていって
自分の写真も撮ってもらったのでした。

それにしてもモトモト素質のある子って見違えるほどの進歩をするんですね~。
イケメン君、何度もパチパチ写真を撮られるうちに表情が変わってきました。
人間にはその人に備わった素質ってあるんだなと思いましたね。
(私には演技力がありませんので、羨ましい・・・)
九州の豊饒の海からやってきた素直な可愛い男の子なので、
デビューが決まったらぜひ応援してあげてください!

でも私だってこの間、「”城田優さん”を見るたびにマサミの若い頃を思い出す」と
友人から言われました。
このとき、私は城田優さんという人を知らなくて「ふ~~ん」といったりきり
聞き流していたら、この彼は何と超イケメン俳優ではありませんか!

こんなことを書くと城田さんのファンに思いっきり怒られそうだけれど、
若かりし日のわたくしは、よくスペイン人やロシア人とのハーフあるいは
フィリピン人女優に間違われ、実際マニラでサインまで求められた経験もあるのです。

そんなふうに同い年の友人に言われたので、城田優さんちぇっく!tv
今ドラマに出演してますね。

でもカッコよすぎて「どこをどう見れば、私を思い出すんだろうか・・・」と
何だか友人の目を心配した私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

究極のgoodエイジングクリーム

Sysleya_80

 新しい年度に入って、忙しくしているのに肌の調子が良好ですconfident
今までストレスにさらされて肌が相当痛んでいた私にはとても嬉しいこと!
これは、ストレスが軽減されたこともありますが、
実のところ、このクリームによるところも大きいのではないかと思っています。

今、私が使っているのはパリの名門ブランド「 sisley 」の
シスレイヤ エクストラ リッシュ” bell
(何とお値段 ¥43,050也!)

この価格だけ見ると、いやー高いな~と思うでしょう・・・。
でも様々な角度から見るとモノの値段は適正につけられていることが納得できます。

良いこと
①朝起きたときから肌の調子が良い。
②肌の調子が悪いと気分もすぐれないが、朝から気分が良い!
③シンプルなケアしかしないのに、満足感がある
④エステに行かなくて良い
⑤触ると以前より、滑らかで、何より弾力!弾力!が肌にある。
⑥なにより嬉しいのは、化粧にかかる時間が減った

などです。
こうして書くと、まるでシスレー化粧品の宣伝担当のようになってしまいましたが、
お願いされて書いているのではありません。
このクリームは本当に私の肌に合っているのです。

聞くところによると、シスレーさんの化粧品は、フィトコスメトロジー(植物美容学)に
基づいた研究をしているそうで、ビタミンFを含むオレイン酸やフィトスクワランなど、
様々な成分が入っているんだとか・・・

でもこんな高級な化粧品、誰が使っても良いでしょう!と言う声も
聞こえてきそう・・・
しかし!、そうではないようです。
人それぞれ、肌に合うスキンケア化粧品があるので、
もっと高額なものが良い人もいれば、低価格なものが肌にぴったりな人もいます。
ようは値段が高いから効果があるでしょう・・・とチョイスするのではなく、
その人の弱点を補うものを取り入れるということでしょう。

なんて、偉そうに書きましたが、
実はこのチョイス、
シスレーの秘密兵器impact、ゴッドハンドを持つエステシャンの方に
アドバイスしていただきました。

さて、コレからは紫外線にさらされる季節。
肌トラブルが少ない私ですが、アンチエイジングよりは
シミの心配をしていただきました。

新宿の伊勢丹では、お肌のケアをしてくれるスペースがあるそうです!
興味がある方は、問い合わせてね。telephone

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月13日 (日)

ついてゆけない私

 やはり年には勝てませんbearing
遅ればせながらやっと無線LANなるものを使い始めたのですが、何だか怪しい・・・
新しいパソコンも買ったのに、未だにワード2007の最新の機能に慣れなくて
2003のままで、新しいの使っていませんの・・・

 とにかく新製品にささっと飛びついていた頃が今となっては懐かしい。
また一から覚えると思うと面倒で手が伸びません。

そんな訳で携帯もなかなか新しい機種に買い換えられなくて
バカにされております。

と、今もパソコンに向かっておりますが、
疲れたので、ブログで一休み。
今何をやっているかというと論文の翻訳作業に挑戦中・・・。
これがまた、何と言うか・・・時間がかかる代物crying

と泣き言を言いましたが、締め切りも近い!他の仕事もあるけれど、
とりあえず夜は翻訳book頑張ってやってみますchair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

青い封筒![ねんきん特別便]

 新年度に入って、様々な面で忙しくしていたら、
何と何と、mist「もれ」がある青い方の封筒!「ねんきん特別便」が届いていました。

今まで自分にはきっと関係ないだろうと思っていたのに、いきなり当事者!
本当に社会保険庁には憤りを覚える。
だいたいどうしてこのようなことが起こったのだろうか?

抜けていたのは、社会人になって始めて働いた愛すべき四国電力時代。
(あえて社名を出しました)
四国では最大手の企業だから、まさかそんな「もれ」はないでしょう・・・
と思っていたら、これは大間違い。
会社が大きいから大丈夫でしょうとか、信用・信頼できるということではなく、
社保庁の管理の問題だから、きっとその変更の年代ごろの記録がダメなのでしょう。
同期で結婚して辞めた人たちや転職した人は大丈夫だったのかな~。

それにしても会社の人たちももっと怒ったほうが良い!impact
OB/OGがいやな思いをしているはず。
勤めていた頃は、自然に天引きされて
なんだか手取り額少ないな~なんて思っていたのに、
きちんとした記録がないなんて。
本当にIKKOさんじゃないけど『どんだけ~』と言いたくなる。

舛添大臣は頑張っていると思うけれど、この封筒に書かれた文章も
どうかと思う。

「あなたの年金に結び付く可能性のある年金加入記録がみつかりました。
・・・ ・・・ ・・・・必ず年金加入記録照会票に記入の上、社会保険事務所におこし
いただくか、ねんきん特別便専用ダイヤルにごれんらくをお願いします」

って、いかがなものか・・・フリーダイヤルですらありません。
したがって混んでいる時間の電話代は自分持ちです。
だいたいほぼ、確実にもれている可能性があるのに、これはないでしょう!
前より書類は簡単になったそうだけれど、それでも記入は面倒です。
社保庁の方で杜撰なことをしていながら、「来て」「電話して」はないでしょう。
民間の企業なら、間違いなく企業側から電話してお詫びするなり、交換するなり、
伺うなりをしていることでしょう。

民間の例で言うと、こんなことがありました。
以前、あるデパートで買った商品にあとから不備が見つりました。
私はそのことを知らなかったのですが、
私のお買い上げ記録があるからといって、
何度もデパートの担当者の人がお詫びの電話を家にかけてきました。
先方は、申し訳ないので引き取りがてら、お詫びに行くとか
着払いで返送して欲しいと言ってくれたのですが、
私はその商品が気にいっていたので、丁寧に辞退させてもらいました。
それでも後日また電話をしてきて、
「やはりこちらのミスなので新しいものに換えさせてもらいたい」と言うのですね・・・
その理由は、
買い上げ記録がないお客様にはどうすることもできないので申し訳ないのですが、
記録があるお客様にはせめて最大限に出来る限りのことをしたいとおっしゃるのです。
私は、大変心をうたれましたが、
お気持ちだけもらうことにして、今でもその商品を愛用しています。
誠意とはこういうことではないでしょうか・・・。
社保庁のやっていることに誠意は感じられません。

しかし、5000万件じゃ~、伺いようもお電話しようもないと思うけれど、
住所がわかっているのならば、電話番号くらい把握できるはずで、
社保庁の方から電話くらいできるでしょう・・・。

厚生施設や、タクシー代、視察旅行に使うお金があるのならば、
先に徴収した年金の処置を正しくしてもらいたいものです。
労働の大切なお金を預かっておきながら、この杜撰さ!

送られてきたあっさりとした「もれ」が多い記録用紙を見たら本当に頭にきますよ。
でもこればかりは、当事者にならなければ分かりませんね・・・
何を隠そう・・・私も届くまではヒトゴトでしたwobbly

それにしても返信した厚生年金の記録は、きちんと登録してくれるんでしょうね。
もうそれすら信用できないangryng

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »