« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月25日 (日)

映画「最高の人生の見つけ方」

 近頃は観たいと思った映画が結構あるにもかかわらず、
なかなか映画館に足を運べずにいました。
でも昨日は合間の時間ができたので、銀座で映画鑑賞!
「最高の人生の見つけ方」

これは単純にテレビの宣伝CMを観て、是非みたいと思った映画です。
だってジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの競演ですもの。
巨頭二人の共演だからどんな感じか、だいたい想像できるけれど、
やっぱり映画は大画面で観たいでしょう・・・。

原題は「The Bucket List」 
これを邦題で「最高の人生の見つけ方」にしたのは、いかにも日本的な気がします。
まぁ、そんなことは良いとして、
ジャック・ニコルソンは本当にチャーミングな男性ですね。
破天荒だけども愛すべき存在で、周辺の人をさんざん振り回すけれど、
何だか言うことを聞いてあげたいような可愛げがあって、
こんな人がそばにいれば、目まぐるしいけれど人生楽しいだろうなと思います。

一方のモーガン・フリーマンもずっと好きな俳優さんです。
この人の立ち姿の美しいこと!
(私は立ち姿のきれいな男性に惹かれるクセがあります。
 と言っても、その基準は私独自のものなので一般的ではありません)
モーガン・フリーマンの立ち居振る舞いや服の着こなしをみると、
いつも前国連事務総長のアナン氏を思い浮かべますが、どうでしょう?

彼らに共通するキーワードは「品格」
どんな服装をしていても”わざとらしくない男性のエレガントさ”がにじみ出ていて、
その立ち姿を見るだけでうっとりしてしまいます。
この独特の雰囲気は天性プラス環境、思想、知性、教養、職務などに
裏打ちされた「本物」であるということではないでしょうか。

方や、ジャック・ニコルソンはその対極にあるような人。
ハリウッドの金・女・権威などすべてを手にいれたゴージャスな男!
演技と私生活が妙にマッチしているのだけれど、
どうしてこんなにチャーミングなおじさまなんだろう・・・

今回14年ぶりに来日したそうだけれど、
「大きいロマンスをもう一度体験したい!」と記者会見で語ったそうだ。
そう、彼がなぜ未だに人を惹きつけるのか、
その理由を考えたときに思いついたwordは「セクシー」。
ジャック・ニコルソンは71歳だそうですが、
毒気半分・聖人半分のようなオーラがありますねぇ。
その独特の色気は、こちらもまた彼に与えられた天性であると思います。
これは他の人が真似しようにも絶対に真似できない!
だから70歳を過ぎても、大人の恋愛ができるのかな。
私だって彼だったら、HONG KONGへいっしょに旅したって構わないわ!ワォ!wink

と、ここからは映画の中身・・・
いちばん、印象に残ったのはモーガン・フリーマンのこのセリフ。
「死んだら天国の扉の前でふたつの質問をされる。ひとつは
”人生に喜びを見つけたか”、もうひとつは”誰かに喜びを与えたか”」

ここでジャック・ニコルソンはあることを答えるのですが、
このあたりからが映画の圧巻です。(映画でご確認ください)

私もスクリーンを観ながらこの問いに答えようと頑張りました・・・
でもまだどちらの質問にもうまく答えられませんでした。

********

人生まだまだ半分、半人前の私、
この映画で「最高の人生の見つけ方」を少々教わってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月20日 (火)

やっと今日・・・

P_title

もう、何だか忙しくて全然パソコンに触れませんでした。
やっと、HPの写真も入れ替えました。

これは何枚か撮っていただいた中の1枚です。
本物よりもずっと上品に撮れているかもしれません・・・
今度は別の意味で、「えっと、どちらさまで?」と言われるかも・・・オオヒラですshine

最近は、こうした明るいピンクや黄色の服が気分にフィットするので着ています。
何かいいことあるのかな。
青山テルマの「そばにいるね」、久しぶりにCD買いました。
天気が良いとしばらく会っていない人に会いたくなります。
元気ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐賀のがばいばあちゃん 再映画化!

Img_2669_2

本日、映画「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」の制作発表会が行われました。
この映画には、昔からの仕事仲間が何人か参加しているので、
今日は司会のお手伝い!

Img_2660_2Img_2659_2

「佐賀のがばいばあちゃん」は2年前に映画化され大ヒットしているのですが、
各方面からの要望を受け、
今度は島田洋七さんが自ら監督、脚本を書いて再映画化で甦ります。

キャストは
がばいばあちゃん役  香山美子さん
母親、秀子役      高島礼子さん
昭弘の小学3年生役  瀬上祐輝くん
監督・脚本        島田洋七さん

Gabai

瀬上君は役どころと同じ10歳で、熊本からやってきたハキハキした明るい少年です。
懐かしく愛おしい響きの熊本弁で、素直に語ってくれ会場が大いに和みました。
島田洋七監督は、向き合った人を温かい気持ちにさせる、
まっすぐに目を見てお話をされる方です。壇上に並んだ4人の姿を見て、
素敵な映画になるだろうな・・・と確信できました。

さらにこの映画には、
郵便局員役で東国原知事、社会科教師で島田紳助さんも出演されます。
結構セリフもあるそうですよ。
前作で紳助さんはスポーツ店主だったけど、今度は先生だそうです。
また今回も地元の応援が万全です!
昭和に面影残る佐賀県武雄市の全面的支援をうけて
8月クランクインです。

来年の2月頃に九州先行公開され、順次全国公開です。
私も夏休みロケに遊びに行きたいなぁ!

「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」
素晴らしい映画になりますように。

PS,
がばいばあちゃんのイメージソング「ばあちゃん」を歌っている
歌手の朝倉美沙さん、元看護師さんだそうですが
こちらも心が癒される歌なので応援してくださいね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »