« 映画「最高の人生の見つけ方」 | トップページ | 映画でリフレッシュ インディが好きだった! »

2008年6月18日 (水)

水野晴郎さんと「シベリア超特急」

 先週、映画評論家の水野晴郎さんがお亡くなりになりました。
なかなかコメントを書く気になれなくて、そのままにしていたのですが、
昨日夢の中に元気な水野さんが登場して、いつも通りの水野さんだったので、
今日はさっそくブログを書いています。

私が水野さんとはじめて会ったのは平成元年のこと。
(ということは、もう20年近く経つのですね。私は20代、水野さんは50代か・・・)

その頃、テレビ東京のアナウンサーだった私は
朝10時から放送の「タウン情報生ワイド」という情報番組の
司会に抜擢され、水野さんといっしょにお仕事をさせていただくことになりました。

その頃の水野さんといえば、日テレの金曜ロードショーで
「映画ってほんとにいいものですね」で大人気の方。
そんな方と毎朝いっしょに仕事ができるなんて!と、
緊張と興奮が入り混じりながら対面したことを、
つい先日の出来事のように覚えています。

「大平さん、香川なの~、ぼくはね、岡山の出身だから近いね」と
気さくに応対していただいて、お目にかかったそのときから意気投合。

私といえば、当時はこの仕事がテレビ東京での初仕事!
前職はCMのないNHKで働いていたので、CM入りのタイミングもわからずに
なんだかドキドキの日々でした。
そんな時、水野さんは「僕もテレビの生放送の司会ははじめてだから
迷惑かけるけど、みんなで仲良くやりましょう」と
あの大黒様のような表情でにっこりしてくれました。

しかしこのときの出演者とスタッフは本当に仲が良くて愉快だったなぁ・・・。
まずはメイン出演者!水野晴郎さんと私が司会、サブ司会は
西田和昭さんと庄司麻由里さん、毎日この4人で登場するのだけれど、
オープニングの挨拶が、なんとも今思い出すと信じられないような,
ほめ上手というか・・・手前味噌な人たちで・・・

たとえば、まず水野さんが
「テレビ東京のオードリヘップバーン、大平さん!今日も素敵ですね」
「それからテレビ東京のビビアン・リー、庄司さん、今日も輝いていますね、」

とまぁ、こんな調子・・・。
最初に言われたときは、照れてしまって「もーやめてください!」なんて
言っていたのに、
いつもまにか私もオードリーになったような気分でニコニコうなずいた後、
「テレビ東京のクラーク・ゲーブル、水野さん!今日もカッコいいですね」などと
返していた。

水野さんのお弟子さんだった西田さんは、
私たちを「姫、姫」とおだてる役目で、いつも笑わせてオチをつけてくれていました。

と、こんな風だから我々司会者4人は毎朝視聴者置いてけぼりのトーク炸裂で、
常に互いを褒めあう、愛ある摩訶不思議な情報番組・・・!

でもこれも不思議なことに視聴者からのクレームや怒りの電話はなく、
逆に、ほのぼのしていて良いと好意的なコメントが寄せられていたのは、
プロデューサーの狙い通りのキャスティングだったのかもしれません。

だから番組が終了すると決まったときには、本当に悲しくて悲しくてたまらなかった。
「もうこのメンバーで仕事ができない!」「もう会えないかもしれない!」と思うと
胸がいっぱいで、ろくに挨拶もできなかった記憶があります。

しかし神様が与えたご縁は、ずっと続くもので、
番組が終わっても、変わらずに仲良く今までお付き合いをさせていただきました。
水野さんの初監督作品 「シベリア超特急」の記念すべき1作目も
私と庄司さんは、二人で小さな試写室で見せていただいた。

このときのエピソードは今でも笑いの種だけど、あれ以来水野さんは
どんどん腕を磨かれ大監督になっていかれた。
私と庄司さんは「シベリア超特急」に出演するのが、夢だったけれど
「二人は今度ね、今度ね」と毎回言われながら、ついに実現することはありませんでした。
(これはつまり大監督は私に演技の才能がないことを見抜いていたかも!)

でも何本もある「シベリア超特急」のなかで1本だけ、私は声の出演をしている。
とても簡単なセリフだったけれど、そのときの水野さんはいつもと違っていた。
何度も何度も取り直しをして、やっとOKを出してもらえたけれど、
水野さんの映画にかける思いを、その時はじめて理解できた気がしました。

20年、さまざまな形で映画のことを教えていただいたり、
他のお仕事でごいっしょさせていただいたり、映画を愛する人たちとプライベートで
お付き合いさせていただいたり、本当に楽しい思い出でいっぱいです。

今頃天国で、好きだった俳優さんや監督さんと出会って
映画の話をしているのかな・・・、
偉大な映画評論家であり映画監督の水野晴郎さん
ご冥福を心からお祈りしています。本当に素晴らしい時間をありがとうございました。

|

« 映画「最高の人生の見つけ方」 | トップページ | 映画でリフレッシュ インディが好きだった! »

コメント

大好きなヒトが亡くなるのは、
本当につらいね。

テレビで活躍してるヒトが
老いていく様子をみると
自分も同じように年をとって
しまっているのだなぁと寂しく感じます。

いつまでも、美しくいてください。

投稿: ひろごっち | 2008年6月19日 (木) 08時19分

昨日の女さー、どうしてもって言うから、電マ買って勹リ├リスに押し付けたの!
そしたら足ガックガク言わせながら潮吹きまくるから俺顔びしょびしょwwww
6回くらいイってたので今回は3回分の報 酬いただきました★☆(*  ̄m ̄)ぷっ

↓↓↓

http://m-slave.net/papapaipai/Bklk7NGu/

投稿: び⊃ち | 2008年7月 7日 (月) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153501/41569740

この記事へのトラックバック一覧です: 水野晴郎さんと「シベリア超特急」:

« 映画「最高の人生の見つけ方」 | トップページ | 映画でリフレッシュ インディが好きだった! »