« 水野晴郎さんと「シベリア超特急」 | トップページ | 水野晴郎さんを偲ぶ会 »

2008年7月13日 (日)

映画でリフレッシュ インディが好きだった!

475367_20080623165221_1

ブログをアップする余裕がなく大変ご無沙汰でした。
急に暑い日が続いていますが、お元気ですか?

夏バテ気味の私ですが、最近の楽しみは映画を観ること。
ちょっとした”すきま時間”に映画を観て、気分転換しています!

そんな私の近頃、いちばんのヒット作は
「セックス・アンド・ザ・シティ」
(※一般公開は8月中旬です、いち早く試写会で観てきました)

実はテレビシリーズの時からこの番組のファンで、
全6シーズン94話の長い長いストーリーを、
1本借りた時点ではまってしまい、94話すべてを観てしまった私です。
テレビシリーズの頃の4人は、30代の独身で主にLOVE&SEX話なのですが、
ニューヨークが舞台の超先端的な内容に、
ありえないよぉ~なんていう気持ちで観ていたのですが、
恋にゆれる女性の心は、どんなに過激な舞台が設定されようが、
同じだということが分かってからは、主人公キャリーの恋を応援するようになりました。

そして待望の映画は、キャリーの恋が叶ってから数年後、
彼女たちは40歳代に突入し、それぞれの恋はいかにという設定です。
今回の見所はキャリーがミスター・ビッグと結婚するかどうか・・・

それにしてもね、この恋の相手がなかなか複雑な心境の持ち主で。
上の写真は晴れて!晴れて!ウエディングといった場面なのに、これがまたまた・・・

そしてキャリーは傷心、女4人旅に出かけるのですが、
この旅は本当に素敵な旅でしたね。

キャリーのズタズタになった心の表面が、
薄皮をはがすように1枚1枚はがされて、
元気になってゆく様子がなんだか切なくてもらい泣きしそうでした。
やっぱり恋より友情か!と思ったのですが・・・、
結末は見てからのお楽しみ。私も納得のエンディングでした。

この映画はなかなか男性には理解しにくいかもしれないけれど、
恋と友情の両方を満喫したい欲張りな女性におススメします!

■ さてさて、次は「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」
私は20年以上前からの筋金入りのハリソン・フォードファン!
期待大大大。いざ!映画館へ。

うむ、アラウンド40の女性の皆さま!感想はいかがでしょうか?
私は少々体調が悪かったこともあり、
なんだか乗り切れないまま映画館をあとにしました。

ただひとつ言えることはインディは、「レイダース/失われたアーク」の時の
インディと何一つ変わらなかったこと!
これは賞賛に値します。だってハリソン・フォードってもう60歳を過ぎてるでしょう。
それで1981年公開の映画と同じ匂いを提供できるのは
もう感嘆ものです。

個人的にはその後の「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」の
インディがいちばん好きですが、
アクションもその頃と比べて、遜色がありません。

なのになぜ・・・

私のなかの軽い違和感の理由は定かではありませんが、しかしこれはもう!
インディの変わらぬ姿を観るだけでも十分かもしれません。

そうそう、インディに27年ぶりにとてもとてもHAPPYなことが起こりました。
観てのお楽しみ・・・

それからもう1本は、「告発のとき」も観てきました。
アメリカの今とイラク戦争の”影”を描いています。
映画としては秀作だと思いますが、ちょっとインディで疲れたので今日はこの辺で。
でも、邦題だとニュアンスが違うような気がするのですが、どうかな?

邦題といえば、
日本語タイトル付けの名人だった水野晴郎さんを偲ぶ会が今週開かれます。
当日は映画の話にあちこちで華が咲くでしょう・・・。

|

« 水野晴郎さんと「シベリア超特急」 | トップページ | 水野晴郎さんを偲ぶ会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153501/41824811

この記事へのトラックバック一覧です: 映画でリフレッシュ インディが好きだった!:

« 水野晴郎さんと「シベリア超特急」 | トップページ | 水野晴郎さんを偲ぶ会 »