« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月24日 (水)

コミュニケーションって?

最近ささやかな出来事を通して、コミュニケーション上手な人について
考えています。

例えば、
「携帯電話に着信があって、その電話に出られなかったとき、
 あなたならどうしますか?」
 (※ただし伝言はなく着信表示のみ。)

私は以前テレビを見てちょっと感動したことがありました。
その番組はある女優さんの日常を追いかけていたのですが、
ちょうど撮影中に電話がなりました。しかし彼女は仕事中だからとニッコリ笑って
バッグから電話すら取り出しませんでした。

でも公式の撮影が終わったときに撮影カメラは捕らえていたのです!

mobilephone「もしもし、電話に出られなくてごめんね~」ととてもナチュラルな声で電話を
かけなおしていたのです。
私はそのときにこの女優さんをちょっと見直しました。

省みて私・・・

家族や友人、他の誰かから電話の着信があったときに、
「電話に出られなくてごめんね~」ってかけなおしているだろうか・・・
そもそも私には「電話に出られなくて私が悪かった」という発想がありませんでした。
これぞ、目からうろこeyeflair

そして反省しきり・・・

ひどいときには「電話ください」と伝言があっても、
結局かけるのを忘れたこともありました。そんな対応をされた周囲の方々
ゴメンナサイ。confident

さらにもうひとつ、わが身を反省する出来事!

最近お目にかかったある経営者の方・・・

私よりもはるかに偉い目上の方なのに、自分の方から声をかけてくださり、
電話やメールなどで楽しい報告などを返してくださる。
先日もあることのお礼のメール(もちろん秘書からではない)を
すぐさま数回いただき、その内容もお人柄が偲ばれる嬉しいメールでした。
私もたいしたことをしたワケではないのに
こちらの方がすごくHAPPYな気持ちになって、改めてファンになってしまいました。
「すぐに対応」!ビジネスの基本かなぁ。
こういう方の元で働く部下の方は仕事がしやすいだろうな・・・、
最近急上昇しているのも良く分かるな・・・と、お仕事ぶりに対しても
勝手に納得したりしました。

一方で、何度連絡しても一向になしのつぶての方もいます。
「嫌われているか」「何かで怒らせたか」「私は無用の人物なのか」・・・
理由がわからないので、勝手に推し量るしかありませんが
これはまたとても寂しいことです。
「以心伝心」は近くにいたらできるかもしれないけれど、ね。
どんなことでも伝えてくれたら理解できるのに・・・。
(陰ながら良い日々であるように願っています。)
人によって落ち込む基準はそれぞれ違うと思いますが、
私の場合いちばん堪えるのは、
何かに対して「NO」と言われたり、色よい返事がもらえないことではなく
無視されること。


しかし!ここでもわが身を反省・・・

そんなことを言う私もメールや電話をいただいたのに
忘れたり、返信しないときが時々ありますcoldsweats01。「人の振り見てわが振り直せ」!
でも最近は、人の気持ちも少しはわかるようになったので、
「あぁ、相手はこんなに落胆したりがっかりしたりさみしい気持ちになるのだな」と思うと
つとめて、まじめに誠実にコミュニケーションを取る努力をしています。

しかし!実家の家族は言っています。
「あの子は何か、お願いがあるときじゃないと電話してこない・・・telephone
┐(´д`)┌ヤレヤレ

誠にすみません・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »