« 写楽 幻の肉筆画 マノスコレクションより   | トップページ | 宇治茶は美味しい »

2009年8月 9日 (日)

「つまみ」の技

51lsnt9ufsl__sl500_aa240_

○間口一就 ○柴田書店 ○1700円

久しぶりに連続して土日休んだので、昨日は書店探訪。
ここ3ヶ月くらい忙しくて、本屋さんに立ち寄りもできませんでしたが、
やっと本屋さんで自由な時間過ごし!楽しい

最近は、仕事で必要な本しか身近になくて、
好きな本を本屋さんで「探す、読む」ということがなくて、少々寂しい思いを
していました。

もちろんamzonの便利さは捨てがたいですが、
本屋探訪はそれに勝るものがありますね。
最も喜びとするところは、ぐるぐる歩いているうちに思わぬ本と出会う!こと。

昨日、その喜びに値した本が、『バーの主人がこっそり教える味なつまみ』です。

普段は料理コーナーへは、あまり立ち寄りませんが
おなかがすいていたのかな~、ふらっと傍を通りかかたっら
一風変わったタイトルと、表紙の美味しそうな写真!

「この素材なんだろう・・・」という訳で
ページをめくったら、何と「バナナ」 
何だか心躍る!斬新な発想。

さらに、
夏になると私が急に好きになるトマトと茄子の「つまみ」も多数収録されていました。
写真の撮り方が上手いのか、
どれも食べたい!作りたい!と思わせる「つまみ」の数々。
作り方は、「切って、混ぜる」がほとんどですので、暑い夏にピッタリドンピシャ!

実際、この本の撮影の際、著者の間口さんは1時間で30品の「つまみ」をささっと
作ったのだそうです。さすがに銀座のバーの現役主人 

まぁ、料理本としてみると少々高いですが、これはなかなか優れた本です。
企画の勝利かな・・・、
章構成も、後ろほど手間のかかる「つまみ」で、
「つまみ」を作りたかったけど、いままでできなかった男性にも支持されそうですね。
実際、こんな「つまみ」をさっと作ってだしてくれたらポイント高いです。

お酒をあまり飲まない私でも作りたくなってしまった「つまみ」、
最近小さい「おかず」作りにシフトしていたので、いきなり大活躍の1冊です。

|

« 写楽 幻の肉筆画 マノスコレクションより   | トップページ | 宇治茶は美味しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「つまみ」の技:

« 写楽 幻の肉筆画 マノスコレクションより   | トップページ | 宇治茶は美味しい »