« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

ミッドタウンの桜

六本木ミッドタウンの桜です。

事務所が六本木に移転したのに伴って、昨夜事務所の方々といっしょに
ミッドタウンへ夜桜見物へ行ってきました!

土曜の夜に六本木に来たのは久しぶりでしたが、何とも大勢の人、人、人、
世の中不況だ!不況だ!というけれども一般の人はこうした商業施設で
結構遊んでいるんだなと、安心したような取り残されたような複雑な気分・・・。

さて、今日はミッドタウンのスペイン料理!
おぉ、結構いけますねぇ、とワイワイガヤガヤの3時間あまり・・・
時刻は9時半くらいでしたが、六本木の夜はこれから!という感じで
プロムナードは人がいっぱいでした。
でもミッドタウンって何だか好きだな・・・

P1000209_2

 

近くにある六本木ヒルズはリラックス空間がなくて何度行ってもくつろげないけれど、
こちらはすべてがゆったりとしているので、良いですね。
そういえば、クリスマスも団体でここを散歩したな・・・

では、5分咲きの都会の桜と月をごらんください!

 

昼も夜もオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

アカデミー賞 「アバター」残念でした!

 注目のアカデミー賞は「ハート・ロッカー」の圧勝でしたね。

元夫婦対決ということで、監督賞:元妻、作品賞:元夫という予想が
大勢をしめていたようですが、
結果は元妻キャスリーン・ビグロー監督が監督賞、作品賞を射止めました。

アカデミー賞82回目にして女性初の監督賞はということですから、
凄いことなのと同時に、この業界への女性進出は
まだまだこれからなのだということが分かりました。

私は「ハート・ロッカー」は観ていないので、何とも評価はできないのですが、
「アバター」に関しては近年では、最も感嘆した映画でした。

映画を観ながら、監督の意図にどんどん嵌っていく自分が悔しくもあり可笑しくもあり
観ながら途中で何度もニヤついてしまいました。

それにしても、この映画、今までで最もイマジネーションの膨らむ映画でした。
その意味でとても優れた作品だと思います。
私は、この映画を観ながら、10以上の様々なジャンルを思い出しました。

・ターミネーター
・タイタニック
・スターウォーズ シリーズ
・エイリアン
・ジュラシック・パーク
・天空の城ラピュタ
・風の谷のナウシカ
・ロード・オブ・ザ・リング
・ディズニーランド
・エルマーの冒険
・ドラクエ

などなどです。思い出したのが映画だけではないことが
「クロスメディア・クロスエンターティンメントの集大成!」ではないか、と思うのです。

パンフレットを読むと、以上にあげた作品のいくつかに関わった制作陣が、
映画スタッフとして数多く参加していることが分かりました。
それでか!と私は膝をうったのですが、
それぞれのスタッフの最も得意とするところが映画の随所に表現されているのです。
(私は、終盤ではダダッダッダダーン、のテーマソングが自分の頭のなかに
 勝手に流れてきて、笑ってしましました)

逆に言うと、以前の作品を思い起こさせるような創作が良いのか、どうかという
意見もあるかもしれません。
しかし、そんなことはもうどうでも良いと思わせてくれるのがこの映画です!
エンターティンメント作品として、今年度私の最優秀映画です。

みなさんは、この映画で何のジャンルが頭に浮かびましたかgoodconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

ファンデーションの威力

ファンデーション選びに苦労している私が
今最も愛用しているのが、シスレー化粧品のファンデーションです。

Imageshohindetaildisplay_4

sisley 「フィト タン エクラ コンパクト」パウダーファンデーション
11,025円(税込) 2月26日発売

12月にあった新作発表会にお招きされてから
もう2ヶ月以上使い続けているので、この良さを実感しています。

さて、発表会当日夜、家に帰ってさっそくお試しメーク。
すると、メーク顔を見た家族が開口一番、

べ・つ・じ~~~~ん

「そ、そ、そぉ???」
じゃぁ、普段の私はどうなんだ!とツッコミを入れたくなりましたが、
やめて再びカガミを見ました。

すると、何でしょうか・・・輝き?すべすべ感?
うまく説明できないですが、
確かに今まで私が使っていたファンデーションとは違う・・・

と、発表会で教えてもらったことを思い出しました。

1、カオチンコーティングの特許取得
  何でもカオチンというのは陽イオンらしいのですが、通常肌はマイナスに帯電して
  いるので、このプラスとマイナスのイオンがピタッと密着することで
  長持ち・付け心地が高まるということです。
  確かにこのファンデーションをつけ始めて、
  私は日中の化粧直しをほとんどしていません!

2、マイカでソフトフォーカス効果
  こちらはマイカというミネラルパウダーをつかうことで、
  輝き感が増すということです。
  マイカは全ての面で光を反射するので、どこから見てもキレイに
  ナチュラルに輝き、さらにカバーするのだそうです。

それから私にとってもうひとつ、ベストだったのが、「色」
いつも首との差がでて、ファンデーション選びには苦労していた私。
今回は、こちらの「ポーセリン」という黄白の色がピッタリでした。
発表会にメーキャップアーチストの方がいらしていたので、
3色の中から選んでもらいました。
黄色白系の肌の持ち主で一向に合うものがないとお悩みの方!
クオリティといい、色といい、120%オススメいたします。

それにしてもシスレー化粧品のPRの方は、
マネージャーの野島さんをはじめ、みなさん美しくナチュラルで素敵な方ばかりshineshine
このファンデーションのコンセプトと同じですね。
長く使い続けたいファンデーションの登場で私も嬉しいです。

そうそう、もうひとつ出席者で盛り上がったのがこのプレストパウダー。
なんともオシャレな鼈甲柄ではありませんか!(ヒョウ柄ではありません)
ひとつひとつ柄が違うのだそうです。
Imageshohindetaildisplay_5

10500円(税込み)ハイライト効果も出ます。
「長持ち・輝き・つけ心地良さ」+「色」
4つ揃ったファンデーションです!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »