« 美しいフェイスライン | トップページ | バスの色で温度が変わる! »

2010年9月12日 (日)

日本の景気は?

 最近少々疑問に思うことがあります。
日本の景気は持ち直したのでしょうか?それともまだ不況?

つい昨日、銀座三越がリニューアルオープンし、
来客18万人、売上高7億円だったそうです!
本当に不景気?と思えるような数字ですね。

また個人的には先ごろ、六本木でお食事会があって、
その2次会でグランドハイアット東京にあるバー「MADURO」を訪れたところ、
こちらも夜が更けても大盛況。葉巻が吸えることで有名なお店なので外国人も多く、
比較的広い店内は常に満席!

Promo91911

景気回復はまだまだと言われていますが、景気が良い人たちは確実にいます。

私はいわゆるバブル世代なので、
バブルの頃はこんな光景を毎日目にしていたのですが、
久々に訪れたバーでは、日本の新たな格差社会を実感しました。

そして、もうひとつ私たちバブル世代とは違う傾向をこの日発見しました。
それは、こうしたバーに女性同士で飲みに来ている20代後半から30代の女性が
とても多かったこと。
それもいかにもセレブ風やキャリア風ではなく、普通の格好の女性たち・・・。

葉巻が吸える、このたぐいの大人のバーは男性といっしょに来るところ、
というような私たち世代の古い考えは到底なく、
女子だけで飲んで楽しんでいるのがとても新鮮であり、
時代の変化をしみじみと感じたのでありました。

しかしながら、こちらはバブル世代の面々。
葉巻を愛用する男性がひとりいらっしゃったので、葉巻ワールドへ突入。
私はタバコも吸わないので、すっかり引き気味だったのですが、
少し香りを体験させていただいたところ、あまりの上品な香りにびっくり。

いまさらに勉強いたしました。
その日選んだのは、キューバ産シガーで、
今や最高級ブランドと呼ばれているCohiba(コイーバ)という銘柄。
このコイーバの中でもランクがそれぞれにあって、
初心者用にと、1本私に勧めてくださいました。

といっても、まずどのように火をつけるのか、どのように吸うのかも知らなかったので、
六本木のしっとりした大人のバーは、にわか「葉巻講座」
しかし私用の葉巻1本2,000円、もうひとりはいつもご愛用の1本5,000円

と、昼ランチも切り詰めているサラリーマンの人が聞いたら倒れそうな金額。
だって、2,000円のスタンダード葉巻でタバコ1本の100倍でしょ。
う~む。100倍か・・・

女子グループに目を奪われて忘れていましたが、
葉巻を吸いながら談笑する北方謙三さん風のシニアの方も随分いて、
日本の景気もここだけ見ると回復しているとしか思えない。
ここの景気が正しいのか、それともこれは葉巻のけむりのように消えゆく幻想なのか、
何だか複雑な思いでバーをあとにしました。

それにしても、やっぱり私はここに女同士で来る勇気はありません。
それができる人たちこそが、
これからの「パワー世代」なのかなと改めて思った夜でした。

|

« 美しいフェイスライン | トップページ | バスの色で温度が変わる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153501/49424598

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の景気は?:

« 美しいフェイスライン | トップページ | バスの色で温度が変わる! »