« 贅沢なココロになる絵本 | トップページ | 日本の色彩 »

2010年11月22日 (月)

疲れている人へおすすめ アリスの「しかけ絵本」

今、私が凝っているのは絵本です。

なぜ絵本かといいますと、
少し前に精神的疲労がたまり、イライライとした毎日を過ごしていたとき、
手に取ったのが絵本でした。
この日はちょうど『100万回生きたねこ』の作者、佐野洋子さんが
亡くなったというニュースを聞いた日でもありました。

もともと我が家には絵本がたくさんあったので、
手始めに『100万回生きたねこ』をパラパラとめくっていると
何だか気分が落ち着いてきました。

それじゃ・・・と言うことで名作『スーホの白い馬』を音読してみました。

するともっと気分が良くなってきたので、
その後は、家にある絵本を手当たり次第に開いていくと
何だかイライラしているのがバカらしくなってきました。

こんな感じで、どうも私にとって絵本は
気持ちを楽にしてくれる効果があるようです。

そこで、さらに欲張りな私は
大人の女性が楽しくなる絵本はないかと探したところ、見つけたのが、
アリ~ス!

  『Alice’s Adventures in Wonderland』
  
51g4vpd7w7l_aa115_   51wnwxgka6l_ss400_
   2003年 2,262円         ※amazon 画像 

長らく絵本から遠ざかっていた私は知らなかったのですが、
ポップアップ絵本としては、有名な作家 Robert Sabuda の作品です。

サブダは、仕掛け絵本が好きな方にはもうおなじみの作家!

画像でも少し分かると思いますが、しかけが大掛かりで決して
子供だましではありません。
どのページも「うわ~」という声がでるほど良くできていますが、
最も有名なのは、最後のこのアーチ形のトランプとアリス!

もうページを開くたびに感嘆のため息。
どうやらこのアリス本、サブダの最高傑作らしいです。

さらに、この絵本、ルイスキャロルの原作に沿ったストーリーが
パタパタページで毎ページ紹介されています。
仕掛けだけを楽しむということではありませんので、
大人から見てもお得感いっぱいで嬉しくなります。

洋書がイヤ!という方には大日本絵画から日本語版が出ていますが、
4,000円近くしますのでなかなか高いですね。
(訳があるので仕方ない)

ディズニーアニメのチャーミングなアリスが好きな人は、
このクラシックですこし怒り顔のアリスは、好き嫌いがありそうですが、
仕掛けのダイナミックさ、楽しさ、驚き、そして繊細さは
何はさて置き、おすすめです。

今日、何かイヤなことがあった方、この本を開くと結構忘れますよ!

|

« 贅沢なココロになる絵本 | トップページ | 日本の色彩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153501/50101193

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れている人へおすすめ アリスの「しかけ絵本」:

« 贅沢なココロになる絵本 | トップページ | 日本の色彩 »