« 日本の色彩 | トップページ | 川越シェフのロールケーキ »

2010年12月 7日 (火)

「東大寺大仏」展

やっと行ってきました!
上野で開かれている「東大寺大仏 天平の至宝」

201012041512000

私が最も好きな仏像のひとつは、東大寺、戒壇堂にある国宝
四天王立像 広目天です。
さすがにこちらは、展示されていないのですが、
今回の特別展は、天平の宝が多数展示されています。

天平文化とは本当に華やかで雅やかなのだな、感じることができます。
特に、第2章(2室め)の大仏造立のコーナーは赤い空間で構成され、
時間トリップするような感覚に包まれます。

ここには、15メートルもある「八角燈籠」が展示され見事の一言です。
実際に大仏殿の前にあるものを博物館に持ってきているのですが、
こんな大きな燈籠あったかな・・・という印象です。
でもそれだけ大仏殿の空間に溶け込んでいたからなのでしょう。

また、金色の「誕生釈迦仏立像」は、何だか笑っているようなお顔に見え、
何時間眺めていても飽きない素晴らしさです。

またバーチャル空間を再現したコーナーもあるので、
はるか天平の昔をイメージすることができます。

 

まもなく終了してしまう展覧会、まだの方はお早めにどうぞ!

|

« 日本の色彩 | トップページ | 川越シェフのロールケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153501/50239588

この記事へのトラックバック一覧です: 「東大寺大仏」展:

« 日本の色彩 | トップページ | 川越シェフのロールケーキ »