« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

塔の上のラプンツェル

ディズニー長編アニメーションの50作目として選ばれたのがこの作品、
「塔の上のラプンツェル」

予告を観たときには、
フルCGだし、キャラクターが少し日本の萌え系アニメに
近い造作で子供っぽい感じがしていたのですが、
実際には、そのような心配は無縁で、
よりパワフルで魅力的なヒロインに仕上がっていました。

最大の見せ場は、無数のランタンが空に浮かぶシーン。
ここまで来るとディズニーマジックに完全に取り込まれてしまい、
思わず3Dメガネの奥の目頭が熱くなってきます。

幸せは自分でつかむ。
自らの幸せを信じている。
現実的な未来を夢見る。
愛する人のために動く。

など、数々のメッセージが心に響いてきます。

今回のヒロインの衣装の色は、ラベンダー色。
この柔らかく、優しい色に多くの観客は癒されるでしょう。

私もこの色は大好きで、ブラウスやコートなどを持っています。
そしてなぜかこの色の服を着ている褒められることが多いです。

優しくて頼もしい色、ラベンダー。
ラプンツェルの、賢くてユーモアがあって心優しいキャラクターを
素敵なドレスの色とともに堪能してください。

劇場は、お子さんも多いのですが、ぜひ大人の女性に観に行って頂きたい
映画です。

○大平雅美の本を紹介

http://homepage2.nifty.com/color-voice/book.htm

就職試験や新入社員の方、接客業の方へ向けた話し方の本です。
品切れがありましたが増刷されました。

○弥生会計  会計ソフトの色彩についてコメントしています

http://www.yayoi-kk.co.jp/products/11/taikoban/02.html

 使う色には訳がある! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

アランの『幸福論』

 長らくご無沙汰しておりました。
たくさん書きたいこともあったのですが、今日は少しだけ。

東北大震災後にいろいろ考えることが多く、頭と心の整理ができなかったのですが、
そんな時ふと思い出したのが、フランスの哲学者アランの『幸福論』です。

私の愛読書としてヒルティの『幸福論』もあるのですが、今回はこちらは
なかなか手が伸びず、アランの方を無意識に探したようです。

「幸福だから笑うわけではなく、笑うから幸福なのだと言いたい」

このメッセージを探していたのではないかと思います。
また全体にやさしく包み込んでくれるような語り口に出会いたかったのかもしれません。

と、アランの『幸福論』に日々癒される、と思っていたら
何と、本日の某新聞の書評欄に「3月11日の後で」というコーナーで
紹介されているではありませんか!
評は松山 巌さんです。

松山さんの文章でぴったり同感な箇所がいくつもありました。
松山さんも
「散乱した本の山から文庫本を探す、以前愛読したあの本を、
以前と変わらぬ言葉を求めて」
と書かれていましたが、私を含め
こういう人が多かったのではないかと思います。

また松山さんは、
「欲していた言葉に、言葉と言葉の行間に気づく。求めていたのは、
 いつに変わらぬ息遣い、声、笑顔だ。・・・」
このあたりは、うなずきながら書評を読んでしまいました。

万人の心は同じではないけれど、
同じ気持ちを持った方がいらしたと思ったら、
ふと心が温かくなりました。

Photo_3
岩波文庫 800円

○弥生会計 色についてのお話もどうぞ(私が解説しています)

http://www.yayoi-kk.co.jp/products/11/taikoban/02.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »