« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月24日 (金)

いくつになっても嬉しいかなっ!誕生日編

 事務所の人たち&プラスVIP が誕生日をお祝いしてくれました!
麻布十番の一軒家レストラン「ピッコログランデ」の2階。
時々訪れるアットホームなイタリアンです。

2201   2203

年は忘れてしまったので、ロウソクは1本だけなのです~。
(私が頼んだわけではなく、事務所のゆかりちゃんがそうしたのだ・・・)

プレートにいろいろ絵を描いてくれるというお店独自のサプライズ!
なぜだか、ハートに矢がささっている絵だった。
(誰か恋してるっ??)

そして突然、お店の灯りが消えたので、びっくり。
時々、レストランでこのような他人のサプライズに遭遇しますが、
この年でまさに、自分に舞い降りるとは・・・!
嬉しいやら、恥ずかしいやら・・・ ~(^。^)y-.。o○

そうだ!ロウソクの灯を消さなくては!?すっかり忘れてしまっていました。

みなさま~、ありがとう。
またこの日はみんなのトークが格別に面白くて、お腹がよじれそうでした。
なぜか、私は「3番目のおばちゃんキャラ」~。
(配役:大きいおばちゃん、2番目のおばちゃんに次ぐ大事な役割)

それから、たくさんのプレゼントもありがとう!
せっかくだから、アップするね。

2206_2 2204

いろいろなお気遣いを頂いて、本当に最高に楽しく嬉しい時間だった。
人の温かさが心に沁みる今日この頃・・・

今年は良いことがきっと訪れる!となぜかみんなが揃って予想しました~。
「もう若くはないぜ、まさみちゃん~。好きなことして生きようよ~」

ハッピー・バースデーソングの後にもらった言葉です。
本当にありがとう!

心にある曲が流れてきました~♪。

DREAMS COME TRUE の「うれしい!たのしい!大好き!」
元気がでました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

大人のバレンタイン ~ホテルスイーツ~

まもなくバレンタインデーですね。
今年は、「絆」を大切に考える人が多く、贈る数も金額も増えているそうです。

5

私が出演しているテレビ東京「レディス4」でもバレンタインスイーツの特集を
しました!すごい反響で私たちも大喜び。
意外にも、男性の視聴者が多かった!という事実も分かりましたよ。
やはり、もらう側の男性も今年の動向が気になっているのですね~ヽ(^o^)丿

まずは、ホテルニューオータニ。
こちらは、有名なシェフパティシエの中島さん。
中島さんが手に持っている赤い箱は
10か月かけて創作した魅惑の宝箱、「ボンボンショコラ」です。
17種類のチョコが入っています!

Photo

次はホテルオークラのバレンタイン。
このチョコはいろいろな食感が楽しめて、とても美味しかったですよ!
おうちでディナーを作る方、デザートとして出すと良いですね。
二人で仲よくどうぞ~!

1

また料理もホテルにお任せしたい~!という人にはこんなタイプも。
オークラ渾身のグルメ&チョコ。その名も「グルメ・ド・バレンタイン」

2

上の方に見えているチョコは、何とシャンパンチョコです。(パンもついています)
少々お高いですが、気合を入れて勝負の方おススメ~。

次は、今回の私の超オススメ、番組で異常に盛り上がった
ホテル西洋銀座の「つながるフォンデュノワール」

4

これには、セミドライフルーツやホテルシェフが作った野菜ステッィクが
7種類もついています!それにお値段も素敵なの!
容器もついて、2,625円です・・・

女性の場合は、この容器あとからも使えそう・・・とエコ的にも考えるので、
なお、得点が高かったですね~。女性陣大絶賛のチョコでした。

そして、こちらのホテルのシェフパティシエの浦野さん。
女性が好むラブリーなチョコを作るのがお得意です!

Photo_2

ご一緒したのは、フードライターの河森理恵さんです。

その他にもこんなにかわいいチョコを作った浦野シェフ。
3

男性に差し上げるというよりは、自分で食べたいチョコケーキです。

みなさんも特別な人へ、大切な人へ。
感謝と愛を込めて、チョコを選んでみませんか?

○大平雅美の本を紹介

http://homepage2.nifty.com/color-voice/book.htm

就職試験や新入社員の方、接客業、セラピストの方へ向けた話し方の本です。

○弥生会計  会計ソフトの色彩についてコメントしています

http://www.yayoi-kk.co.jp/products/11/taikoban/02.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »