« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月20日 (金)

春の宴 アナウンサー会

 久しぶりに可愛い後輩のアナウンサーたちと飲み会!

Ana2   

みんな30歳代なので、それぞれ仕事に邁進中だったり、子育てしながらだったり
キラキラ輝いてカワイイね~!
アナウンサー5人プラスVIP、計6人の飲み会は
みんなが話したいことがいっぱいで、あっという間に終電の時間に・・・。
(近年、終電まで飲むことはほどんどありません。それだけ楽しかったのか!)

それにしても、全員良くしゃべるな~。
しかも滑舌がよくて声がよく通るから、周囲がざわついていても
「えっ?」って聞き返すことがないのは素晴らしいことだっ!

私と言えば、
教える側だったのに、半年前からなぜかまた出演する側になったので、
今の心境をみんなにお披露目~ヽ(^o^)丿
まさかTV復帰するとはflair だけども、人生いろいろなことがあるね。

さらにまだまだ現役の彼女たちは仕事の悩みも多いよね。
そこで30歳代の彼女たちに贈ることばを見つけました~。

   美しい女性を口説こうと思った時、ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、
   君は15本贈るのかい??もしそう思ったなら、その時点で、君の負けだ。
   ライ バルが何をしようと関係ない。その女性が本当に何を望んでいるのかを、
   見極めることが重要なんだ。(スティーブ・ジョブズ)

と、「女性を口説くこと」は関係ないのですが、仕事をする時の姿勢として。
人と比べたり、実際に比較されたりが多い職業なだけに
自分にできることって何だろうと思う。私自身へのメッセージもこめて贈ります。

実際に私が30代だったあの頃、今思えばいろいろなチャンスが
転がっていたと思う。
もっといろいろな人の話を伺ったり、訪ねたりすれば良かったな。
様々な業界の大御所が、親しく声をかけてくれて交流のアプローチや、
セッティングしてくれていたのに
出不精&あまり社交的ではない私は、遠慮してたからなぁ~。

今は以前よりちょっとだけ積極的になったけれど、
それでもなかなか出かけられない。でも、これからはもっと外にでよう!

【もうひとつの問い】

自分にとって大切なもの、大事にしているものって何だろう・・・
さらに私にとって幸せってなんだろう。
と、最近ちょっと考えてみた。
私はもともとアランやヒルティの『幸福論』が愛読書で、
人生に立ち止ると読み返す。昨年の大震災の時は、アランに助けられた。
最近は『ニーチェの言葉』を傍らにしている。

人生を最高に旅せよ!

自分からもっと多く、もっと広く、もっと暖かく、そしていっそう強く

このあとにある動詞が入りますが、それは心にとどめて置きましょう。

頑張っている後輩のアナウンサーたち、それから私、
それから私が大切にしている人たちへ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

今週のおすすめ 『紅一点論』他

 大学の講義が先週から始まりました。
月曜1限であるにも関わらず、120名を超える学生が履修しています。

他大学を含め、私はいくつかの課目を担当していますが、
実は私自身、最も熱く語っていると思われるのが、
月曜1限の「映像と現代社会」という授業です。
(この授業は毎回、学生にコメント用紙を提出してもらうのですが、
 今日の用紙にも”進行が速いが、先生の熱意が伝わってきてとても面白いので
 月曜1限は大変だけど頑張る!”と いうようなことが何枚も書かれていた!)

なかなか嬉しいではないですかscissors

シラバス進行を心がけていますが、なんせ現代社会との関わりがテーマなので
今話題になっている映像をテーマに考えてもらうことも多くあります。

1回めの講義で、意外にも
文化庁のメディア芸術と経済産業省のコンテンツ産業の縦割り、
クールジャパンとコリアジャパンの差
輸出産業としての貧弱さ、
などに興味を示す学生が多かったので、
今日は、文化庁のメディア芸術アニメーション部門で大賞を受賞した
「魔法少女まどか☆マギカ」について少しだけ取り上げた。

なぜこのような深夜アニメが注目されたのか、されるのか
「魔法使いサリー」から始まる魔法少女アニメの系譜にこのアニメは入らない。
「魔法少女の文化史」おもしろそうだな・・・
ここには、その時代に女の子に求められていたものが詰まっている
他力本願から自力本願へ
華の存在から闘う女へ
若い学生たちはいったいどこに居場所があるのだろう・・・

そこで今日のおすすめ本
4191bs0danl_aa115_ 51xdac94pgl_sl500_aa300_ 51eeqzzke4l_ss400_
男の子アニメの組織論も! 「闘う少女」の系譜  あっという間に出版された!

できたら、1冊は読んでね~


○大平雅美の本を紹介

http://homepage2.nifty.com/color-voice/book.htm

就職試験や新入社員の方、接客業、セラピストの方へ向けた話し方の本です。

○弥生会計  会計ソフトの色彩についてコメントしています

http://www.yayoi-kk.co.jp/products/11/taikoban/02.html

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2012年4月11日 (水)

目黒川のお花見 プラス

 3年ぶりのお花見  

Sakura

今年は桜をまじかで見たいな~と思っていたら、
いっしょに行ってくださる優しい方がいて、目黒から中目黒をぷらぷら散策。
しかし!凄い人人人。時間とともに見物人が増えてくるのに恐れをなして
早々に脱出~。
でもここのお花見。噂によると日本一オシャレなお花見の場所らしい・・・。
cherryblossom

それもそのはず露店がたくさんでているのですが、
えっ?飲み物はホットワインやシャンパン・・・。
赤、白、ロゼ、産地も銘柄もさまざま豊富です。
おつまみもオシャレなケーキやピザ、ラスクなど。
ファッショナブルな人たちもそぞろ歩いていて、
確かに日本酒&ビニールシートの酒盛り系とはちと違う・・・。

「あの暴風雨で早く散ってしまったね」、なんてのんびり会話していたけれど、
もはやそぞろ歩きなんていう風情ではなくなり、
恐ろしい人出になってきたのでお花見終了。
静かに映画鑑賞へ。

お花見は疲れましたが、今日はなんて正統的な春の休日の過ごし方だ!
お出かけ&映画・・・、昔よくこんな過ごし方をしたな,などと思いつつ、
公開初日!
観たかった映画、今年度のアカデミー賞主要5部門受賞作品。
『アーティスト』を観に、いざ映画館へ。

1009620_01
(C)La Petite Reine-Studio 37-La Classe Americaine
-JD Prod-France 3 Cinema-Jouror Productions-uFilm

モノクロで、サイレントで、フランス映画でという異例の映画。
それにしても良くできた映画だったな・・・。
アメリカの1927年から1932年頃を描いた、私が最も興味を持っている時代。

映画を観ながら、なぜか昔の映画をたくさん思い出しました。
監督の愛を感じるなぁ・・・、過去の作品へのオマージュ!
いろいろな俳優さんや作品が思い浮かんできた。

ダグラス・フェアバンクス、フレッド・アステア
グレタ・カルボ・・・
『時計じかけのオレンジ』
『カサブランカ』『雨に唄えば』
『モロッコ』『三銃士』『怪傑ゾロ』
チャップリン『犬の生活』『ライムライト』
ヒッチコック作品・・・

凄いな~。こんなにいろいろ思い出させるなんて。
でも決して散漫な気分にさせなかった。

それから主役のジャン・デュジャルダン!
品格があって、チャーミング。アップも立ち姿も素晴らしい男優さんです・・・
笑った顔に愛情と哀愁がある人はロマンティックだな。
相手役のベレニス・ベジョも太陽のような明るさがあって良い・・・
一途に愛を与え続けるのも共感できます!
なんとこの女優さん、監督のミシェル・アザナヴィシウスの奥様ですって。
ワォ!才能あふれる素敵な夫婦だheart01

それにしても、現代版サイレント映画って面白い。
観ている側にいろいろな気づきを与えてくれます。
今回、いろいろとインスパイアされたけれども
家に帰ってすぐ見直したのは、『雨に唄えば』
相当疲れて眠かったけど、深夜まで観てしまいました。

『雨に唄えば』 ってこんなに面白い映画だったか~!!

桜から出発して、なぜか『雨に唄えば』で終わった春の一日。
どうもありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

アカデミックも大切に。欲張りに生きる!

 今日は4月1日。大学は日曜日でも入学式でしたね。おめでとう!
私も新年度は気持ちも新たに頑張ります~scissors

昨年度は、公私ともにいろいろなことが重なり、
ただめまぐるしく日々が過ぎ、コントロール不能なことが多かったのですが、
やっと落ち着いてきました。

とそこで、ちょっと脇へおいていたアカデミック路線を思い出したというか、
今年度はしっかり取り組みたいので、
今日は気持ちを入れ替えるためにブログをアップ!
(最近よくブログをUPするのは文章を書くウォーミングアップのためsign02
 今日は真面目な内容です~good

実は私は現在、筑波大学大学院博士後期課程の院生です。
(修士ではなく、畏れ多くも博士論文を書こうとしているドクター課程!)
これは、私の所属務所と身近な大学関係の方しか知らないので
ついつい学究を怠けており、昨年は論文の1本も書けませんでした。

そこで「これでは、いけない!」、という自戒から
みんなに知ってもらい、今年は地道に論文を書こうと心に決めました。
(なぜ1本も書けなかったかというと、公私ともに心身の疲労プラス、
テーマに悩むという情けなさ。)
しかし、最近テーマを変更してやっと書いてみる気力と願望が!

そして来週からは、大学の講師として講義も始まるので、今日はその対策日。
本屋さんで本を購入し、関係の映像を代官山の蔦屋書店で探し、
蔦屋書店、今いちばん好きな場所~!)そして、今一休みのブログ。

私が教えているのは、選択科目なのですが、
講義内容の容易さからか、100人を超える学生が履修しています。
ゆえに今日は真面目に資料作り・・・。
私は研究一筋何十年という訳ではないので、
偉そうなことは何一つ彼らに語れませんが、それでも何かひとつでも
私の話から気づきがあれば良いと思っているのですね。
だから、できるだけ知っておいてね~と思うことを
平易に伝える努力をしています。

どうもこのブログは大学生も読んでくれていると聞いたので、
映像論やメディア論以外に、おススメの著者の本を紹介します。

415ombp55l_sl135_   51p6inb9pxl_sl160__3 31638dyvx5l_sl500_aa300__2 41jxa79h8kl_sl500_aa300__2
山崎正和氏と鷲田清一氏です。

近代化における身体の慣習性と社交の意義⇒あなたにとって社交の意義とは?
日本の消費社会の美学⇒60年代からの考察あり。あなたの消費行動について
「待つ」概念の比較⇒人や事をどれくらい待てますか?
ファッションの意味⇒装飾や身体表現は何のため?
「なぜ?」をキーワードに文明学的、文化的アプローチが楽しいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『カンブリア宮殿』の魅力

 私はテレビ東京で働いていますので、ついつい贔屓に!
テレビ東京でいちばん好きな番組は『カンブリア宮殿』です。

何といっても村上龍さんの司会のうまさに毎回うなっています。
アナウンサーは、あんなに素朴にあんなに率直に素直に質問できない・・・

先日のゲスト
日本マクドナルドホールディングス株式会社
代表取締役会長兼社長兼CEO
原田 泳幸氏

この回は特に素晴らしかったです!
原田社長について、村上龍さんはこんなことを言っています。

  社長は「職位」ではなく「職種だ」と原田さんは言う。
その圧倒的な業績で、日本を代表する経営者になってしまったのでわかりにくいかも知れないが、日本的なパラダイムでとらえると、原田さんはアウトサイダーだ。しかし、グローバルに俯瞰すると、極めてオーソドックスな戦略と考え方の持ち主だとわかる。
その亀裂は、日本にプロフェッショナルの経営者が非常に少ないという事実を浮かび上がらせる。今、「アウトサイダーとしての視点」がないと、日本特有の非 合理性と閉塞を打ち破ることはできない。私は、原田さんと会うたびに、二人ともアメリカ軍基地の街・佐世保の生まれであることが、とても誇らしく、うれし くなる。

うまい表現ですね~。
番組の中で原田社長は、他の経営者からの質問に
次々に答えていくのですが、経営や経済のことが分からない素人の私でも
原田さんは凄い!って思いましたもの。

カラダと雰囲気にあったスーツ、穏やかな目の表情、柔和な物腰・・・
語り口は優しいけれども、冷静、冷徹な鋭く厳しい分析、
でも温かい何かがスッーと一筋芯の部分に流れているような感じがしました。
だから魅力的なのかな?下で働くのは大変そうだけど・・・

でもマックの今後については
現在3000店舗あるなかで、これから1000店舗入れ替える・・・と
さらっとおっしゃいましたものね~。3分の1、入れ替えるって!!えっ~?

村上龍さんは「アウトサイダーの視点」と表現しました。
うちの近所にあったマックはみんなに愛されていたのになくなり、
今は別のファストフード店です。
マックよ、カムバック!とみんな思ってます。

ますます注目ですね。『カンブリア宮殿』&マックの今後。
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/list/list20120322.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »