« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月18日 (月)

シスレー化粧品 新作発表会

201206171602000_3

先日、新宿のパークハイアットにてシスレー化粧品
新作発表会が開かれました!
「グローバル パーフェクト」 毛穴ケア用乳液です。

   開いた毛穴のあらゆる原因を追究して、
  肌に磨きをかけるスキンケア。
  アップにも耐えられる隙のない素肌を実現

お待ちしていました~。アナウンサーの救世主!
アップにも耐えられる・・ なんという殺し文句。
テレビの地デジ化等、技術革新により、
恐ろしく鮮明に映るようになったテレビ画面。
まさしく、びっくりするくらい毛穴まできれいに映ります。

私も先日、誰もが驚くアップ画面で撮られていて
自分のOAを見て驚愕したのでした。

私たちアナウンサーは取材の際にどのくらいのサイズで撮られているかは
なかなか確認できません。だから「なるべくアップはやめてね~」と
やんわりと言うのですが、しかし!しかし!
先日は何を面白がったか、画面いっぱいの顔。。。ウソでしょう・・・
開いた毛穴見えるよ。。。
どっぷりと気分も落ち込んだのでした。

******************

と、ここからは先日の発表会で教わったこと。
女性は年齢を重ねると、徐々に毛穴が開いていくのですが、
この傾向はアジア人にとりわけ顕著なのだそうです。
特に、頬の部分で目立ち始め、40~50代で最大!
60歳以降は、縮小するのだそう・・・
したがって私の場合、わぉ、今最大ということですね。

でもまさしく実感!
現在梅雨にも関わらず、私の部屋はプラズマクラスター加湿ガンガン。
それでも妙にざらつく肌。そしてコラーゲン不足。

頬が気になるなぁ・・・と思っていた矢先、このようなケア商品の登場は
まさに神様の思し召し。

使い続けることで、なめらかですべすべのお肌を形成してくれるのだそうです。

そういえば、これまで毛穴ケアに特化した商品ってあまり聞いたことが
なかったですね・・・

さすがに我ら世代の強い味方、シスレー化粧品
それにしてもこちらの会社のみなさん、本当に美人ばっかりなのですね~。
でも、ここまで皆がお肌がつるつる、すべすべだと説得力あります。

グローバル パーフェクト(30ml)
2012年 9月1日(土)発売
17,850円

素敵な香りと伸びのよいクリーム。

******************

○大平雅美の本を紹介

http://homepage2.nifty.com/color-voice/book.htm

就職試験や新入社員の方、接客業、セラピストの方へ向けた話し方の本です。

○弥生会計  会計ソフトの色彩についてコメントしています

http://www.yayoi-kk.co.jp/products/11/taikoban/02.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

夏とサザンとドライブと

 夏が近づくと、サザンが聴きたくなります。
なかでも、近頃はこのアルバムを繰り返し聴いています。

3116df1dv1l_sl500_aa300_
 「バラッド3 The album of LOVE 発売2000年

サザンのラブ・ソング集。サザンのアルバムのなかでいちばん好きかもしれない。
聴いてると胸がきゅんと切なくなります。

ディスク1は、「逢いたくなった時に君はここにいない」
「希望の轍」「せつない胸に風が吹いていた」『慕情」等等・・・良いな~。
なんて心に響く切ない声と歌詞なんだろう。

ディスク2は、「あなただけを~Summer Heartbreak」「SAUDADE~真冬の蜃気楼」
「夏の日のドラマ」「LOVE AFFAIR]等等・・・
でもディスク2のベストは、やはり「TSUNAMI」です!
確か2000年の曲だったよね。思い出がたくさんある。
 ♪風にとまどう弱気な僕、~ 思い出はいつの日も雨♪

歌は不思議。普段は忘れているのに曲とともに、頭とココロに
はっきりと当時のいろいろな情景がよみがえってきます。
苦しかったことも、嬉しかったことも。
それと同時に、時間が過ぎ去ったこと。そしてもう戻れないこと。

このアルバムは、1987年頃から2000年の曲、全28曲収録。
サザンオールスターズはアップテンポももちろん良いけれど、
私はやはりバラードが好きです。
1989年は、私がテレビ東京に入った年だから、
この頃の曲も多くおさめられていて、懐かしさいっぱい!

そういえば、20代後半のあの頃はよく落ち込んでいたな。
すると、心優しいガールフレンドやボーイフレンドが
私をよくドライブに連れてってくれた・・・。

私は車に乗るのは大好きですが、ペーパードライバーなので誰かに
乗せてもらわないとドライブできないのですね。
ちょうど、あの頃はバブルだったこともあって、もの凄い速度が出そうな
スーパーカーに乗っている人が何人もいて、
私が仕事やプライベートで落ち込んだりすると、よく誘ってくれたなぁ。

夜遅く首都高を何周もぐるぐる回ってくれた女友達。。。
仕事で失敗した私を慰めようと、東北自動車道をブッ飛ばしてくれたボーイフレンド。
何も聞かずに、黙って中央フリーウェイの山梨往復をしてくれたり、
空港や横浜の灯り、湘南の波の音、熱海・伊東まで気軽にヒューと行ってくれた。

今思い出すと、女友達はユーミンを車内で流して、さらなる涙を誘った。
「ユーミンのイントロだけで泣くマサミ」って大笑いしてたな~。
ボーイフレンドは、洋楽が多くて音楽に気を遣ってくれたけれど、
サザンの曲は車でよく聴きましたね~。聴いてると切ないけど
なんだか元気になった。(つくづく素敵な人たちに恵まれていたのね・・・)

何も話さず、
黙って音楽を聴いているだけでよくて、本当にありがたかった・・・。

だから、サザンの曲を聴くと、今でも高速道路を思い出す。
ちょっと変かな。

今は、20年前みたいにどっぷりと落ち込むことはないけれど、
夏が来ると、サザンの懐かしい曲とドライブしたくなる。

そろそろドライブに良い季節だね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »