« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月22日 (土)

レディス4 「高尾山ハイキング」(備忘録)

 番組で高尾山に登りました。
登山家の小倉さんにガイド頂いて、楽しくハイキング登山。
小倉さんは、今年80歳になる方ですが、こんな風に年を重ねられたらと思う
とても素敵な女性です。
2

高尾山は、1号から6号路まであるのですが、今回は番組なので
6号からはじめて、途中1号へ抜け、4号へ戻って、また1号へ行くというような
変則パターン。

しかも9時から始めて、午後6時まで歩きっぱなし。
にも関わらず、ほとんど筋肉痛もなく楽しめたのは、
ひとえに小倉さんのお人柄と登山方法のおかげ。

さすがに、世界的な登頂をされているだけあって、
ものすごく大らかで包容力のある方で、初対面なのに、
「まさみちゃん、まさみちゃん」ととても可愛がっていただきました。

名前の呼び方って、人との距離を近くするのに大切。
外国の方は、知り合うとすぐに自分のことをこう呼んで!と言ったりしますよね。

だから、わたしも「のぶちゃん」と呼ぶことにして、
仲よく登っていったのでした!

6

途中までケーブルカーで登ると5分でつきますが、
ここは1時間半ほど歩いて登った方が達成感があります。
また見晴らしの良い茶屋のおだんごは最高です!
この日は、関東平野が一望でした。

1

薬王院への参道。なにか、良いことが起こりそうな神聖な感じの道。

頂上までは普通にあるいてまだ1時間以上かかりますね。

4

薬王院の山門。
撮影隊が見えますが、山門の横にあるのが、
意外に気がついていない紅葉のポイント。紅葉見物の際はぜひご覧ください。

薬王院からまだまだ歩いて頂上ですが、
この日は残念ながら富士山は見えませんでした。
しかし!取材とはいえ本当に楽しい体験でした。
のぶちゃん、ありがとう!
10  
11月、紅葉のシーズンにまた登ろうと!約束して帰路につきました。
楽しいよ。高尾山!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

レディス4 「桜新町・駒沢」(備忘録)

 サザエさんの町で有名な桜新町とオリンピック記念公園がある駒沢のおさんぽ。
サザエさん一家と記念撮影しました。

11_2   12_2

その他には、「らしく」という手作りバッグのお店を取材。
ご自宅の一部を使ってミニショップで営業されています。
丁寧に心をこめて、好きなバッグ作りをされているのが伝わってきました。

「らしく」
取材の模様が実況されていたので、リンクさせていただきます!

http://ohariko-nikki.rashiku.fem.jp/?eid=152

 

その他、こちらもおすすめ!
「鶴巻茶屋」モロッコランチ カフェでクスクスはいかがでしょう。
世田谷マダムの憩いの場所に間違いありません!

*******************

そうそう、ちょっとおもしろい写真を追加!

テレビ局では、いろいろな収録が行われているのですが、
休憩の合間に同日収録していた、所さんの番組のグッズをお借りしました!

Photo

ホッホッホッ、たまにはこんなことをして遊んでます~。
本当は、禿ちゃびんおじさんのかつらを被りたかったのですが、
みんなに止められました~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

池袋タイムスリップツアー 「レディス4」

 新橋に続く好評企画第2弾、今回は池袋タイムスリップツアー!

わが大学院の母校、立教大学も訪ねました。
本館も図書館も蔦のからまる建物はそのままの良い雰囲気。
変わっていたのは正門へ向かう歩道が広がっていて、歩きやすくなっていたこと。
いつも学生でギュウギュウだったもの・・・

Rikyo

(ガイド役の東京シティガイドクラブの方と記念写真!)

さて今回立教を訪ねたのは、立教大学が研究施設として管理する
江戸川乱歩邸を紹介するためです。
乱歩邸は、我らが北組研究室があった建物の奥にあります。
歩道を歩きながら、
北山晴一先生おごりのちらし寿司を食べ、
夜遅くまでみんなでアーダコーダと議論したことを思い出しました。

せっかくなので、尊敬する師匠、北山先生との2ショット

Img_1502a  
わぉ、ダンディだ・・・

続いて向かったのは、池袋モンパルナス跡。

池袋は、最近サブカルチャーの発信地ともなっていて、おもしろいな~と
思っていたのですが、その土壌は実は昭和初期にあったのです。

昭和初期を代表する日本の画家や芸術家たちが、
パルテノンと言うアトリエ兼住宅群を形成した場所。
立教からほど近い椎名町一帯は
芸術村の様相を呈していて、当時は「池袋モンパルナス」と言ったそうです!

ここでは、ギャラリーを経営する五十嵐さんのご好意で
めったに公開しない、
現存するたったひとつのアトリエの内部を見せていただきました。

Photo

後ろに見えているのがアトリエで、昭和11年に建てられたもの。
すでにこの建築自体が芸術です。

内部は、大きく北向きの天窓をとった18畳のアトリエと、あとは6畳分の
台所と和室です。
アトリエでしばし佇んでいると、
生きることは描くことだった画家の生活が垣間見えます。

その他、ご紹介したのは池袋駅前に90年前からあるパン屋さん「タカセ」
ここのはちみつパンやカステなど、本当に美味しいです。

今回、タカセの会長さんにお目にかかって分かった嬉しい事実!
この「タカセ」の名前の由来はなんと、香川県三豊市高瀬、
私の出身とご近所じゃない~!
創業者の出身地ということですが、さらに「高瀬牛乳」の
経営者一族と聞いてスゴイ親しみ・・・
子どもの頃から、飲んでました。

そして、もう一つ知っているようで知らなかったこと。
巣鴨プリズンの場所。
勝手に巣鴨だと思い込んでいましたが、
何と、現在のサンシャインシティあたり一帯だったのですね。
勉強になりました・・・

今回、久しぶりに訪れた池袋。
以前よりも、親しみやすいファミリー向けの安心な街に変貌しています!

近々、立教の図書館へでも行ってみよう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »