« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

ラファエロ展

 

国立西洋美術館公式サイト

http://raffaello2013.com/

ラファエロ展へ行ってきました!

なんとなんと美しいポスターでしょうか。私の大好きなターコイズブルーです。

レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロと並んでルネサンス三大巨匠と称される

ラファエロです。

”聖母子の画家”の代表作「大公の聖母」日本初公開。

  ・ラファエロ・サンツィオ大公の聖母1505-06年
   油彩/板 フィレンツェ、パラティーナ美術館蔵

すでに3月22日には、10万人を突破したそうで、公開から1か月たたずに

この入場者数は、どんなにみなさんが待ち望んでいたかがわかります。

それにしても、この絵からにじみ出る、慈愛や優美さ、静寂感に加え

無の境地も感じさせてくれます。

500年目の初来日ということですが、

西洋絵画の重厚さは、見る側も元気じゃないと、

その圧倒的な筆の力や表現力に負けてしまいそうです。

私は、色彩の研究をしていますので、どうしても聖母マリアの衣の色に

興味が惹かれます。

内側には、慈愛に満ちたローズレッド、

外側の衣は、すべてを包み込む深みのある明るいブルー。

この優美な配色は、永遠に慈しまれるカラーコーディネートだと思います。

「内には愛を、外にはおおらかさを」 ・・・。

心が洗われるような展覧会です。

私は、このオリジナルロディ付チケットを購入しました!(すでに完売)

大好きなターコイズブルーのロディ、めちゃくちゃ可愛いです。

ロディを見るとラファエロを思い出すwine

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シスレー化粧品のデトックスプログラム

 季節の変わり目、仕事の変わり目、人間関係の変化などで

ストレスや疲れが増えますね。

体力的な疲労もさることながら、気持ちの変化も肌には良くないですね。

そうなると、からだの毒素を適切に排出する力が低下するんですって。

そこで、何とも頼もしい美容液が、シスレー化粧品から発売されます!

その名も ボタニカルD

P1020448

デトックスに特化した集中ケアプログラムで、4週間夜に使い続けることで、

肌の再生が活発になる効果があります。

発売は4月12日(金)ですが、ちょっと先にお試しさせてもらいました!

美容液はいろいろありますが、そのなかでも特にこれは私の肌にピッタリ。

とても相性が良いです。香りも好きshine

それはね、

肌の透明感が前よりでてきたことと、朝起きた時の肌がツヤツヤしていること。

肌に、毒素が蓄積するのを防いでくれるのですね。

パワフルなデトックス作用を実感できるボタニカルD

効果が目に見えてわかって、なんだか朝が楽しくなりますよ。

*************************

○大平雅美の本を紹介

http://homepage2.nifty.com/color-voice/book.htm

就職試験や新入社員の方、接客業、セラピストの方へ向けた話し方の本です。

○弥生会計  会計ソフトの色彩についてコメントしています

http://www.yayoi-kk.co.jp/products/11/taikoban/02.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤坂大歌舞伎

赤坂ACTシアター5周年シリーズの一環として公演の

中村勘九郎襲名記念「赤坂大歌舞伎」怪談乳房榎を観劇してきました。

http://www.tbs.co.jp/act/event/kabuki2013/

すに3月24日に千秋楽を迎えたので、UPするのが遅くなってしまったのですが、

もう本当に素晴らしいお芝居でした。

副題に中村勘九郎三役早替りにて相勤め申し候

これは最大の見どころのひとつ!

勘九郎さんは、絵師重信、人の良い正助、ゆすりの三次と三役の早替り。

友人が前方の花道近くの良い席を手配してくれたので、

勘九郎さんの早替りが、間近で見えているのもかかわらずに、

その替り際のからくりがまったくわからなかった。

おぉ、マジックかミラクルか!!

歌舞伎は伝統世界だけれども、こうした劇場での新しい挑戦は

ワクワクしますね。

それと勘九郎さん、

昨年亡くなった勘三郎さんと、はっと息をのむほどに

そっくりなので、驚くやらうれしいやらで涙が出そうになりました!

汗が飛び散る勘九郎さんを観て、

「そうそう、これからも中村屋を応援するよ」と心に誓ったのでした。

まもなく、新歌舞伎座がお披露目です。

新しい世代の歌舞伎に注目です。

13_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

聖☆おにいさん

今、最もお気に入りの本が 「聖☆おにいさん」

コミックでございます・・・。

商品の詳細

講談社 (2008/1/23)著者 中村 光

目覚めた人ブッダと神の子イエスが、世紀末を無事に超えたので
下界の東京立川のアパートでバカンスという設定。
いつも慈悲深いがお金に細かいブッダとおおらかで明るく衝動買いが多いイエス。
そんな”最聖”コンビの立川デイズ。

と、こんな風に紹介すると、なんだか大人の女性が読むにはどうだろう・・・と

思われるかもしれません。

しかし、一度読み始めたらこれが病みつきになります。

好きなコミックの大人買いは、他にもいくつかしたのですが、

寝る前に何度も読み返すのは、このコミックがいちばん!

眠りにつく前の幸せな、クスッと「笑い」の宝庫です。

現在は、8巻まででていますが、

なんともほのぼの、誰からも愛し愛される優しさいっぱいのブッダと

自由でおおらか、時々聖痕が痛むのも愛らしいイエスの二人のコンビ最強です。

かっこいい天使や弟子たちがまた素敵なこと!

今、私にもっともパワーをくれるコミックです。



            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

やっぱりテレビが好きです

 なかなか更新できずに1か月。

東京は桜も満開。今年は車窓からのお花見で終わりそう・・・。car

まずは、今もっともHOTなご案内から。

私が気に入っているお風呂テレビについてのインタビュー記事です!

ぜひ覗いてくださいね。

● Panasonic ブルーレイ/DVDレコーダー あの人のDIGAライフ

http://panasonic.jp/diga/

● DIGAのある生活 (大平雅美)

http://panasonic.jp/diga/digalife/vol3/index.html

Photo

ルビーレッドの素敵なタブレット型のテレビです。

このテレビをキッチンで使っております。

今のお気に入りは、小さいころに見ていた「奥さまは魔女」

あのころのアメリカってなんておしゃれheart02なんだろう。

インターネットに席巻されて、元気がなかったテレビだけど、

テレビで育った私は、やっぱり テレビ、頑張れー と応援したいsign03

今日の夕刊に明るいニュースが!

テレビ視聴において、個人が減少し、「家族で見る」増加。

また、「つながる視聴」「カスタマイズ視聴」でうまくつかいこなす人が増えた、と

伝えています。

やっぱり、ドリフや元気がでるテレビ面白かったよねgoodgoodgood

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »