« シスレー化粧品のデトックスプログラム | トップページ | 新年度始まりました! »

2013年3月30日 (土)

ラファエロ展

 

国立西洋美術館公式サイト

http://raffaello2013.com/

ラファエロ展へ行ってきました!

なんとなんと美しいポスターでしょうか。私の大好きなターコイズブルーです。

レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロと並んでルネサンス三大巨匠と称される

ラファエロです。

”聖母子の画家”の代表作「大公の聖母」日本初公開。

  ・ラファエロ・サンツィオ大公の聖母1505-06年
   油彩/板 フィレンツェ、パラティーナ美術館蔵

すでに3月22日には、10万人を突破したそうで、公開から1か月たたずに

この入場者数は、どんなにみなさんが待ち望んでいたかがわかります。

それにしても、この絵からにじみ出る、慈愛や優美さ、静寂感に加え

無の境地も感じさせてくれます。

500年目の初来日ということですが、

西洋絵画の重厚さは、見る側も元気じゃないと、

その圧倒的な筆の力や表現力に負けてしまいそうです。

私は、色彩の研究をしていますので、どうしても聖母マリアの衣の色に

興味が惹かれます。

内側には、慈愛に満ちたローズレッド、

外側の衣は、すべてを包み込む深みのある明るいブルー。

この優美な配色は、永遠に慈しまれるカラーコーディネートだと思います。

「内には愛を、外にはおおらかさを」 ・・・。

心が洗われるような展覧会です。

私は、このオリジナルロディ付チケットを購入しました!(すでに完売)

大好きなターコイズブルーのロディ、めちゃくちゃ可愛いです。

ロディを見るとラファエロを思い出すwine

|

« シスレー化粧品のデトックスプログラム | トップページ | 新年度始まりました! »

コメント

美術には、それほど詳しくありませんが、どの分野であれ、作者の気持ちが強くこもった作品の前にいると、落ち着くというか、パワーをもらってると表現すべきか、そんな気持ちになりますconfidentconfidentconfident

絵画に関しては、色づかいが非常に繊細で見事な配色がされてますよねwink

投稿: 幸よし | 2013年3月30日 (土) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153501/57069790

この記事へのトラックバック一覧です: ラファエロ展:

« シスレー化粧品のデトックスプログラム | トップページ | 新年度始まりました! »