« 香川再発見の旅 | トップページ | 美味しいもの 備忘録 »

2013年9月 8日 (日)

平成の大遷宮 出雲の旅

 60年に一度の大遷宮の年、出雲大社へ行って参りました!
Photo Photo_2
堂々たる鳥居です。
出雲大社は全部で、4つの鳥居があって、
石、木、鉄、銅と素材が違います。気分も厳かに~。

本殿は、約64万枚の真新しい檜皮の「茶色」が見事でした。

Photo_6

出雲大社は、縁結びの神と言われていますが、男女の縁だけでなく

仕事のご縁、勝負のご縁、食べ物のご縁、広く一般的な人間関係のご縁など

万物とのご縁らしいので、私もしっかりお参りしてきました。

Photo_3

こちらは、門前の勾玉ショップのうさぎさんと・・・大人気のお店!
因幡の白兎神話が急に思い出されました。

境内には、「御慈愛の御神像」というのがあって

因幡の白兎と大黒様が微笑ましくいらっしゃいます。

Photo_7

大黒様の袋の中には、私たちの苦難や悩みが入っていて、

代わりに背負ってくれているのだとか・・・なんとも有難いこと。

何度も苦難を経て復活されたことから、「復活の神」「よみがえりの神」

「いのちを結ぶ神」と呼ばれているそうです。

 

そして、境内のもうひとつのパワースポット!「ムスビの御神像」

Photo_8

大国主命がまだ若かったころ、日本海の荒波の向こうから現れた

「幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)を授けられて結びの神になったとか。

しかし!

後で知ったことですが、これはパワーの受け方がどうも逆だったらしい・・・

そうだ!この金色の魂の力をもらわねばならなかったのに!

これから行く方、お間違えのないように~。(^_-)-☆

そして、玉造温泉泊。言わずと知れた美人の湯です~。

翌日は松江観光と、八重垣神社。
こじんまりした良い神社でした。

この神社、ヤマタノオロチを退治後、日本で初めて正式に結婚された
というスサノオノミコトと稲田姫の夫妻が御祭神。
稲田姫が鏡として使った「鏡の池」があって、占いができます!

Photo_4   Photo_5

こんな感じで、占いの紙の沈む速さや場所によって占うのです。

とても面白くてエキサイティング!

ここで不思議なことがありました。私が紙を置いたら、かわいいイモリが

ふわーと浮かび上がってきて、行ったり来たり。

まるで挨拶にでも来てくれたような登場の仕方でした。

普段はちょっと苦手に思う生き物も、ここでは何ともかわいらしく

愛すべき存在に見えたから不思議!

(ちなみに後で気になって調べたら、どうもここのイモリ君は、稲田姫のお使い役。

またほれ薬としてイモリがその昔使われていた伝説もあって、イモリを

見た人は吉縁があるんだとか・・・)

わぉ!いつもいつもいるわけではないんですね~。

さて、私たちが帰る頃には、それまで人が少なかったのに

若い女性でいっぱいに。これがまた紙が沈む人沈まない人で、ワーキャーと

悲喜交々。見ているだけでも、とても楽しい体験でした。

それにしても30分も沈まない・・・なんてことあるのかなー?

そのあと、庭園で有名な足立美術館へ行って島根の旅を満喫しました!

今年は、出雲大社は60年に一度の遷宮、伊勢神宮は20年に一度の遷宮と

いうことで、「平成の大遷宮」

私の周りでも、今年は両方行く人がいっぱいです。

ぜひ、神聖な気分と新たな力を蓄えに行ってみてくださいね!

気持ちも新たに今年の後半、楽しく過ごしましょう。

|

« 香川再発見の旅 | トップページ | 美味しいもの 備忘録 »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 投資の初心者 | 2013年9月24日 (火) 14時39分

ありがとうございます!

投稿: 大平 | 2013年9月25日 (水) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153501/58151898

この記事へのトラックバック一覧です: 平成の大遷宮 出雲の旅:

« 香川再発見の旅 | トップページ | 美味しいもの 備忘録 »