« 「ありがとう」のススメ | トップページ | 音楽劇 「ヴォイツェク」 »

2013年10月 9日 (水)

クールジャパン 「美しい色と文様」の日本

私は、日本の色彩を研究しています。
日本は美しい色彩と柄(文様)が、古来より生み出されてきた素晴らしい国です。

でもその綺麗な色の数々、感性あふれる色名、
また着物柄や小物に古くから使われてきた文様、

これらは過去の産物として忘れ去られようとしていたり、歴史の中だけに
留められようとしています。

そこで、勝手にひとりで「色彩と文様のクールジャパン」を推進しようと思います。

まずは色と文様にこだわっている素晴らしいお店を3店ご紹介します。

◎seisuke88

http://seisuke88.com/index.html

京都・西陣で発見された明治時代の図案をもとに新感覚のバッグや小物を
作っているお店です。

seisuke88 KYOTO 京都生まれ、京都育ち。



◎菱屋善兵衛

http://www.hishizen.net/

創業1804年、江戸後期から続く織物の老舗
200年以上続く糸帳や色見本帳などからの復刻してバッグや小物を製作。
色も柄も見事すぎてため息が出ます。
江戸時代の日本人のなんと豊かな感性と美意識



伝統的な鳳凰柄
(菱屋善兵衛公式サイト パターン柄より)

ほかにも菊、うさぎ、ウロコ、藤、青海波、ハート、水月、千鳥、凛、龍、
正倉院、蝶、間道、百花、松葉などなど・・・

色と文様、名づけのセンスにうっとりと時間が経つのを忘れます!


◎皮革伝統工芸 文庫屋大関

http://bunkoya.ocnk.net/

もともとは1800年代に姫路の革細工から出来上がったのが文庫革。
こちらは、墨田区で創業80年のお店。浅草にもお店があります。

箱まち小銭入れ

あまりの可愛らしさに一目ぼれの箱まち小銭入れ!
そしてもうひとつのお気に入りのお財布。

小花 天溝がま口
「小花」 お店でNO1人気の柄。なんとも可愛い柄と色!

倉庫にしまってある柄は、現在使えるだけでも300種以上あるそうです。

そのなかから、少しずつ商品化しているということで伝統と現代のセンスの
融合です!

*****************************

それにしても日本は江戸のはるか昔より、何とも感性豊かに生きていたことか。

それをみすみす忘れるのはどう考えてももったいない!

今の私にできることは、できる限りこうした伝統を絶やさずに後世に伝えること。
つまり、それに携わる人たちを応援すること!
さらなる願いは、実際に現代の人に使ってもらいたいということです。

日本国内の人はもちろん、世界の人たちに
これらの実用的な美しい品々を使ってもらいたい。

飾っているだけでは勿体ない。

~ shineビューティフル・カラー&パターン ジャパンshine 

何とかならないかなーと思う今日この頃。

|

« 「ありがとう」のススメ | トップページ | 音楽劇 「ヴォイツェク」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153501/58350029

この記事へのトラックバック一覧です: クールジャパン 「美しい色と文様」の日本:

« 「ありがとう」のススメ | トップページ | 音楽劇 「ヴォイツェク」 »